Apple、「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」を発表

MacBook Pro Late2016 15inch Model

旧モデルと比較して2倍も不具合が発生すると報告され、集団訴訟にまで発展した「MacBook」および「MacBook Pro」のバタフライ式キーボードだが、Appleはついに自分たちのデザインに問題があることを公式に認め、「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を実施することを発表した。

以下の症状が発生する場合、AppleまたはApple正規サービスプロバイダでは、対象となる「MacBook」および「MacBook Pro」のキーボードを無償で修理してくれる。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

バタフライ式キーボードの修理プログラム対象モデル一覧

この修理プログラムは、対象となる「MacBook」および「MacBook Pro」に対し、その最初の小売販売日から4年間適用される。

対象となっているのは「MacBook」の2015年モデル以降、および「MacBook Pro」の2016年モデル以降。すなわち、バタフライ式キーボードを搭載しているモデルはすべて対象となっている。

  • MacBook (Retina, 12- inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12 -inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12- inch, 2017)
  • MacBook Pro (13 -inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13- inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15- inch, 2016)
  • MacBook Pro (15- inch, 2017)

修理の内容としては、1つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあり、修理にかかる時間は、修理内容や交換部品の在庫状況によって異なる。

「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」は以下の方法で手続きが可能:

この修理プログラムは、世界共通となっていて、「MacBook」や「MacBook Pro」の通常の製品保証期間を延長するものではない。また、過去にキーボードをすでに有償で交換している場合はこちらから問い合わせするように案内されている。

詳細は下記からどうぞ!

もっと読むMacBookまとめ
もっと読むMacBook Proまとめ