初代の12インチMacBook Retina、サポート終了

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)がオブソリート製品に追加

新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

Appleは現地時間6月30日、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)」のサポートを終了した。MacRumorsによると、Appleは同モデルを「ビンテージ製品とオブソリート製品」として正式に追加したという。

サポート終了後は直営店でもサービス受付が不可に

12インチMacBookは、当時のMacBook Airには搭載されていなかったRetinaディスプレイを採用した小型モデル。一部では「MacBook Retina」と呼ばれていた。Intel Core Mプロセッサを搭載し、ファンレス設計だった。12インチモデルは、2019年8月に販売終了した。

Appleは5〜7年スパンで定期的にサポート終了製品として「ビンテージ製品とオブソリート製品」に指定している。これまでサポートが終了した製品はこちらの公式ページから確認できるようになっている。

「Obsolete」ステータスが付いた場合、直営店だけではなくApple公認サービスプロバイダでも各種サービスを受けることができなくなってしまうため、対象商品を保有している人は注意が必要だ。

関連情報
カテゴリMacBook
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:605645)

    M1チップを載せて再販してほしい

「MacBook」新着記事
トレンド検索