iPhone 6、サポート終了。ビンテージ製品として登録

初の4.7インチディスプレイ搭載機種として、2014年9月に正式発表

iPhone 6 Plusゴールド128GBモデル

Appleは9月30日、米サポートページ「Obtaining service for your Apple product after an expired warranty」を更新。iPhone 6をビンテージ製品として追加した。iPhone 6 Plusは今年2月にサポートが終了している。

iPhone 6は2014年9月に発表。翌年にiPhone 6sシリーズ発表後も値下げされ販売を継続し、2016年にiPhone 7シリーズの発表とともに販売終了。一部国では2017年に低価格モデルとして復活したが、2018年に世界的に役目を終えた。

ビンテージ製品とオブソリート製品とは

Appleは5〜7年スパンで定期的にサポート終了製品として「ビンテージ製品とオブソリート製品」に指定している。これまでサポートが終了した製品はこちらの公式ページから確認できるようになっている。

「Obsolete」ステータスが付いた場合、直営店だけではなくApple公認サービスプロバイダでも各種サービスを受けることができなくなってしまうため、対象商品を保有している人は注意が必要だ。

(Source: MacRumors

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年10月02日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:643093)

    初めてApple Storeから購入した機種です。
    このあと差額で毎年iPhone買えるとばかりにMVNOデビューして、毎年iPhone買い替える病に掛かりました。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:643069)

    6は2台持ち体制で最後に使った機種だったなぁ
    これ壊れて6sで1台持ちになりました
    そう7の発表直前のことでした

「iPhone 6」新着記事
トレンド検索