学生みんなが特待生。

「MacBook Air/Pro Retina」の2015年モデル、ベンチマークスコアを旧モデルと比較してみた

MacBook Pro Retina 13Inch

昨日発表された13インチ型「MacBook Pro Retina」11/13インチ型「MacBook Air」の新モデル。それぞれ新しいプロセッサーを搭載し、フラッシュストレージも高速化されたが、性能は実際にどの程度向上しているのだろうか。

本日、MacRumors新型「MacBook Air/Pro Retina」のGeekbenchのベンチマークスコアを公開していたので、紹介する!

新型「MacBook Air」のベンチマークスコア

まずは新型「MacBook Air」の新モデルをチェックしてみよう!

11インチ型「MacBook Air」のベンチマークスコア

Macbook pro 11 benchmark

11インチモデルは期待通り、ベンチマークスコアが伸びているシングルコアスコアが「2430」から「2753」に、マルチコアスコアが「5291」から「5486」に上がっている。

新モデル(Early 2015) 旧モデル(Early 2014)
CPU 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5 1.4GHzデュアルコアIntel Core i5
シングルコアスコア 2753 2430
マルチコアスコア 5486 5291

13インチ型「MacBook Air」のベンチマークスコア

Macbook air 13 benchmark

13インチモデルの新型についてはシングルコアが「2554」、マルチコアが「5165」だったのに対し、旧モデルは「2732」「5311」と性能に開きがある。新モデルの方がスコアが低いのだ。

新モデル(Early 2015) 旧モデル(Early 2014)
CPU 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5 2.6GHzデュアルコアIntel Core i5
シングルコアスコア 2554 2732
マルチコアスコア 5165 5311

実際のスペックを見比べた上で比較した方がいいかと思うので、以下の記事を参考にどうぞ。

【比較】新型「MacBook Air (Early 2015)」のスペックと価格を旧モデルと比べてみた

新型「MacBook Pro Retina」のベンチマークスコア

Macbook air 13 benchmark

続いて13インチ型「MacBook Pro Retina」のスコアをチェック。結論から言うと、ベンチマークスコアは旧モデルに比べて僅かに下がっている。現時点ではサンプル数が少ないために「性能が低下した」と結論付けるのは早いようだが、それにしてもガッカリだ。

新モデル(Early 2015) 旧モデル(Early 2014)
CPU 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5 2.6GHzデュアルコアIntel Core i5
シングルコアスコア 3043 3056
マルチコアスコア 6448 6554

こちらも新旧モデルのスペックを比較した方がいいかと思うので、以下の記事を参考にどうぞ。

【比較】新しい13インチ型「MacBook Pro Retina (Early 2015)」のスペックを旧モデルと比べてみた

現時点の測定結果では性能を判断するには不十分

以下に紹介するベンチマークスコアはCPUの計算能力を測定するツール「Geekbench 3.2.2 for Mac OS X x86 (64-bit)」で測定されたものである。

それにしても期待していたほどのベンチマークスコアが見られなくて僕はガッカリだ。Geekbenchを運営するJohn Poole氏によると、まだ正式なベンチマークスコアとして決めつけるにはサンプル数が足りていないと指摘。今後多少の伸びは見られるかもしれないとのこと。

よく考えてみると「Broadwell」プロセッサーはパフォーマンス単体よりも、電池効率を配慮したパフォーマンスにフォーカスされたプロセッサーとなっている。よって、数値の飛躍的な伸びが見られなくても当然なのかもしれない。

今後他にもベンチマークスコアが明らかになると思われるので、随時紹介していきたい。

「MacBook Pro Retina」を買うなら13インチではなく、15インチモデルを選ぶべき3つの理由

15インチ型「MacBook Pro Retina」が最高のMacだと思う10の理由


 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via MacRumors