「MacBook Pro Retina」、「OS X El Capitan 10.11.4」インストール後にフリーズする不具合が発生中

working-with-macbook-pro.jpg

OS X El Capitan 10.11.4」をインストールしている最新の「MacBook Pro Retina」を使っている皆さん、最近、Macが突然フリーズするという不具合に遭遇していないだろうか。

MacRumors Forumsによると、2015年に発売された「MacBook Pro Retina」の現行モデルにおいて、「OS X El Capitan 10.11.4」インストール後にフリーズする不具合が多数報告されている

画面内だけではなく、感圧トラックパッドもフリーズ

MacBook Pro Retina」の現行モデルということはまさに僕が今使用している15インチ型「MacBook Pro Retina」も含まれる。この不具合は主に13インチ型「MacBook Pro Retina」を使用しているユーザーに見られているようだが、15インチ型「MacBook Pro Retina」ユーザーからも報告されているとのこと。

いずれもOS X El Capitan 10.11.4」がインストールされた最新モデル(13インチモデルは「Early 2015」、15インチモデルは「Mid 2015」)に見られているとのこと。

発生頻度は週に1回ほど。当初はSafariを起動した時に発生していたが、「Adobe Photoshop」や他のサードパーティ製ブラウザを使用している時にも起きるようになったという。

画面内の各ウィンドウやカーソルが固まるのはもちろんのこと、なんと感圧トラックパッドも完全に動作しなくなるようだ。参考に実際にフリーズした状態を撮った動画が公開されていたので、ご覧あれ!

すべての原因はまだ解明されていないが、システムのフレームワークまたはIntel Graphicsのドライバに関する不具合が引き金となっていることがクラッシュログから明らかになっている。「Safari Technology Preview Version 1」や「OS X El Capitan 10.11.5 Public Beta 1」をインストールしていてもフリーズする不具合は発生しているようだ。

Appleサポートはこの問題に関して認識しているようだが、まだ根本的な解決策は明らかになっていない。一部ではOSのクリーンインストールまたは「OS X El Capitan 10.11.3」にダウングレードすることで一時的に対応している人もいるそうだ。


(via MacRumors

もっと読むMacBook Proまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読