Apple、10月30日の発表イベントでiPad Pro、MacBook、Mac miniの新モデルを発表か

William iven 5893 unsplash mac ipad wwdc2018

Appleが予定している10月30日のスペシャルイベントでは「Face ID」とUSB-Cポートを搭載した「iPad Pro」が主役となり、MacBook Air」の代わりとなるノート型Macプロをターゲットとした「Mac miniを発表するとBloombergが報じている。

過去最大のアップデートとなる新型「iPad Pro

新しい「iPad Pro」は同製品が登場して以来の大型アップデートになると予想されている。

噂されている通り、iPhoneのようなベゼルレスディスプレイを採用し、ホームボタンを廃止し「Face ID」に切り替え。縦向きだけではなく、横向きでも動作するとのこと。

恐らく最も劇的な変化となるのは、Lightningポートに代わってUSB-Cポートが採用されること。iOSデバイスにおいてポートが変更されるのは2012年以来となり、今後Lightningポートを搭載するiOSデバイスはiPhoneのみとなる。

ディスプレイは有機ELではなく、液晶に。筐体のデザインも見直され、「iPhone 5」「iPhone 5s」「iPhone SE」に近い角ばったデザインになる模様。

これはMacお宝鑑定団Blogが7月時点に報じていた「iPhone SEを巨大化したようなデザインになる」という情報と一致している。

搭載されるチップは「A12 Bionic」の系統となっていて、Apple独自のGPUを搭載しているとのこと。

Apple Pencil」もアップデートされる見通しとなっているが、具体的な新機能などについては明らかになっていない。新モデルは現行モデルのデビュー以来、3年ぶりとなる。

MacBook Air」と「Mac mini」の後継モデル

Macに関しては、「MacBook Air」の代わりとなるデバイスを発表すると予想。13インチ型の高解像度ディスプレイを搭載し、ディスプレイ周りのベゼルが薄くなると予想されている。

Mac mini」は2014年ぶりのアップデートとなり、プロユーザーを意識したプロセッサーの採用や機能の追加が伝えられているが、具体的な内容は不明。以前報じていた情報と同じ。

他にも新型「iMac」「iMac Pro」「MacBook」のアップデートが予定されているとのこと。プロセッサーのアップデートになるため、発表されるとしてもスライド1枚で触れる程度の内容になると考えられる。

これらの製品がすべてまたは一部が10月30日のスペシャルイベントで披露されると説明し、「iPad Pro」に比べると情報が限られているようだ。

「MacBook Air」新着記事
トレンド検索