10月のAppleスペシャルイベントで予想される発表内容まとめ

Apple Keynote Steve Jobs Theater 09122018

Appleは10月半ばまたは後半にスペシャルイベントを開催すると予想されている。

9月のスペシャルイベント「Gather Round」では「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」そして「Apple Watch Series 4」が新しいハードウェアとして登場したが、10月のイベントは何が登場するのか。

本記事では10月のスペシャルイベントでAppleが発表すると予想される内容をまとめたので、参考にどうぞ!

新型「iPad Pro」シリーズの発表

Apple Kyoto Grand Opening Photos 04

10月のスペシャルイベントの主役は間違いなく新しい「iPad Proだろう。

Macお宝鑑定団Blogによると、新しい10.5インチモデルと12.9インチモデルに加え、11インチ型の有機ELディスプレイ(Super Retina HDディスプレイ)を搭載したモデルが登場する可能性があるとのこと。

2017年のiPhoneが「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」だったように、2018年の「iPad Pro」は次世代モデルとホームボタン搭載モデルの完成モデルが用意されると考えられる。

なお、11インチサイズの有機ELディスプレイを搭載することから、「Face ID」を搭載するモデルの価格は20万円以上になるのではないかと予想されている。

iOS 12.1」の中には新型「iPad Pro」登場を示唆する記述4K画質の出力をサポートする記述が発見されている。Ming-Chi Kuo氏は次期モデルのLightning端子がUBS-C端子に置き換わると予想しているが、Macお宝鑑定団BlogはLightningポートを残したまま、USB PD/3.0に対応したLightningポートにアップグレードされると予想している。

新型「MacBook」の発表

Apple Kyoto MacBook 01

新型「iPad Pro」だけではなく、当日は新型「MacBook」の登場が期待されている。

当初は13インチ型「MacBook Air」の後継モデルとして登場すると噂されていたが、最新の情報によると、ベゼルが薄型化されたRetinaディスプレイを搭載することから結果的に12インチモデルを置き換える13インチ型「MacBook」になるのではないかと見られている。

よって、「MacBook Air」は引き続き残され、12インチ型「MacBook」に代わって狭額縁の13インチ型「MacBook」になると予想されている。

なお、差別化を理由として「Thunderbolt 3」が搭載される可能性は低く、引き続きUSB-Cポートになると見られている。

新型「Mac mini」と「iMac」、そして「Mac Pro

Apple Kyoto Mac mini 01

一部ではプロをターゲットとした「Mac mini」の新モデル劇的にディスプレイ・パフォーマンスが向上した「iMac」の登場も報じられている。

Mac mini」はプロをターゲットとしたモデルになると噂されているが、具体的な仕様は不明。実現すれば4年ぶりのアップデートとなる。

とは言え、「iMac」や「Mac mini」は世間一般的にはそれほど大きな発表内容ではなく、インパクトとしては薄め。そこで当日、Apple自身が2019年に正式発表すると公表している「Mac Pro」をプレビューする可能性がある。

iOS 12.1」などのソフトウェア・アップデートも?

iOS 12

当日触れられるかどうかは分からないが「iOS 12.1」などのソフトウェア・アップデートも当日行われる可能性が高い。

これまでリークした情報から新型「iPad Pro」向けの機能が含まれていることが分かっているほか、正式リリースに間に合わなかったグループFaceTimeなどの機能も利用可能になると見られている。

あわせて読みたい