Appleのスペシャルイベント「Gather round」で予想される発表内容まとめ

Gather round logo

いよいよ今週の日本時間9月13日(木)深夜2時からAppleのスペシャルイベント「Gather round」が開催される。

最も注目されているのは次期iPhoneだが、次期Apple Watchも発表される見通し。これらのデバイスを想定して作られた、「WWDC 2018」で披露された「iOS 12」や「watchOS 5」について言及する様子も見られるかもしれない。

言うまでもなく僕は夜通し起きて記事を更新する予定だが、みんながみんな高い関心を持っているわけではない。

イベントの熱量を事前に把握しておくために、本記事ではAppleのスペシャルイベント「Gather round」で発表が予想される内容をまとめたので、参考にどうぞ!

新型iPhoneの発表

IPHONE XS photos revealed

今回のイベントの主役はiPhoneだ。Appleの稼ぎ頭であり、世間的にも最も注目度の高い新製品だ。

今年は3種類のモデルが発表され、昨年の「iPhone X」と同じ5.8インチモデルに加え、Plusサイズの6.5インチモデルと今までにない6.1インチモデルが登場すると見られている。

名前は「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone Xr」と噂されていたが、最新の情報によると「iPhone XS」「iPhone XS Plus」「iPhone Xc」というネーミングになるとの情報が報じている。間違いなくこっちの方が既視感があり、安心感がある

すべてのモデルは「Face ID」を搭載し、ベゼルレス・デザインを採用。つまり、ホームボタンを搭載するiPhoneは今年発表されないと見られている。

iPhone XS/XS Plus」はハイエンド機として位置づけられ、スペックも大部分を踏襲し、昨年の「iPhone X」に近い価格帯になる見通し。

一方、「iPhone XC」はエントリー機として位置づけられ、複数カラーモデルを用意し、価格も抑えられると見られている。

最新情報のまとめはこちらの記事からどうぞ。

新型Apple Watchの発表

Apple Watch Series 4 Exclusive

Apple Watchの新モデルが9月に発表されることも毎年恒例に。

今年はディスプレイが大型化する見通し。現行モデルは38mmモデルと42mmモデルとなっているが、次期モデルは1.57インチ(39.9mm)と1.78インチ(45.2mm)になると予想され、表記上は40mmモデルと45mmモデルになると考えられる。

名称は「Apple Watch Series 4」になるとの見方が強い。

外観には細かいデザインの変更が施され、一部噂では”物理的に押せるボタン”を本体から廃止するとの情報もあるが、これは正式に発表されるまでどうなるか分からない。

AirPowerマットやワイヤレス充電対応のAirPodsの発売

Iphonex charging dock pods

すでに大多数の人の記憶から忘れ去られているであろう「AirPowerマット」と「AirPods」のワイヤレス充電対応ケースも9月に発表される見通し。

「AirPowerマット」はiPhone、Apple Watch(Series 3以上)、AirPods(対応ケース装着時)を同時に充電できる、Apple純正のワイヤレス充電台。価格などは分かっていないが、安いことは絶対に無いだろう。

ワイヤレス充電対応の「AirPods」ケースは、「AirPowerマット」が発売されることを受けて同タイミングで発売されると予想される。ただし、このケースを装着すればQi対応ワイヤレス充電器であれば利用できる。

iOS 12」や「watchOS 5」の主要機能を再度説明

iOS 12

iOS 12」と「watchOS 5」はスペシャルイベント発表後から新型iPhone発売前のどこかで正式リリースされると予想される。

新しいハードウェアを発表する上で、改めて「WWDC 2018」で披露した各OSの一押し機能や、新しいハードウェアならではの最新OSの活用方法などが紹介されるかもしれない。

macOSやtvOSなどについても触れる可能性もあるが、10月にはMacのスペシャルイベントを開催すると予想されていることから、これらのOSは触れずに終わるかもしれない。

iPad Pro」や「MacBook」は来月10月に発表か

Ipad pro 12 9 rendering 1

新型iPhoneとApple Watchに加え、「iPad Pro」や「MacBook」の新モデルが披露されることも期待されているが、これまでの情報では9月のスペシャルイベントで発表される新製品はiPhoneとApple Watchのみと見られている。

理由は物理的なスペースとマーケティングの問題。すべての製品を一斉に発表した場合、消費者も混乱してしまう恐れがあるため、2つのイベントに分けて開催することは理にかなっている。

また、開催場所は自社キャンパス内のシアターであるため、いつでも好きなだけ開催できるというメリットもある。

よって、新しい「iPad Pro」や「MacBook」を心待ちにしている人は、もうしばらくの辛抱が必要になるかもしれない。