AirPowerマットは9月発売か?!iPhoneは将来的にLightningポートが廃止される可能性

Iphonex charging dock pods

iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」とともに発表された「AirPowerマット」は、iPhone、AirPods、Apple Watchを同時に充電してくれるApple純正のワイヤレス充電器。2018年発売と発表されたものの、6月現在、音沙汰がない。もはや存在を忘れていた人も少なくないだろう。

Bloombergがついに「AirPowerマット」に関する最新情報をキャッチしたようだ。いわく、当初は6月までに発売する計画だったが、現状では9月前または9月中に発売することを目指しているという。直近数ヶ月以内では一部のAppleエンジニアは自分用のワイヤレス充電器としてテストしているとのこと。

技術的な問題に直面、どこに置いても充電可能に

なぜ「AirPowerマット」はこれほど遅れたのか。なぜ昨年9月に発表された製品が、1年後の9月に発売されるのだろうか。これなら今年発表しても良かったはずだ。

想像に難くないが、Appleは「AirPowerマット」の開発に関する技術的な問題に直面しているという。1つは、オーバーヒートしないこと。もう1つは電気回路の複雑さだと関係者は説明している。エンジニア達はファームウェアに関する不具合の対応に追われているようだ。

Qiをベースとした独自の充電技術を使用し、Appleのチップが搭載され、iOSの簡略化されたOSが内蔵されている。Appleは3つのデバイスを充電器のどこに置いても充電される仕様を目指していると伝えられている。

将来的にLightningポートを廃止することを計画中か

さらに、関係者の情報によると、Appleのデザイナーは将来的にiPhoneの外部ポートやボタンを廃止することを目指しているという。これはLightningポートも含まれ、いずれiPhoneの底面はスピーカーグリルのみになるのかもしれない。

実は「iPhone X」の開発段階でAppleは有線式の充電機能を廃止ーーすなわちLightningポートの廃止ーーを検討していたとされるが、ワイヤレス充電が従来の有線接続よりも充電時間が遅いことを理由として見送ったという。

また、ワイヤレス充電器を同梱することによってiPhoneの価格を大きく引き上げてしまうこともLightningポートを残した理由の1つだとされている。

この計画が実現されるとしたらいつ頃になるかは不明だが、ワイヤレス充電が普及し、ワイヤレス充電機能の機能がより向上した段階でいよいよLightningポートは廃止されるかもしれない。

……となると、将来的にはモバイルバッテリーもQi対応製品が当たり前になるのだろうか。

あわせて読みたい