発表済みのApple製品、いつになったら発売開始されるのか問題

Iphonex charging dock pods

AirPowerマット」もワイヤレス充電対応「AirPods」ケース存在が明らかにされてから9ヶ月以上が経っているが、未だに発売が開始されていない。

WWDC 2018」で披露されなかったということは次のイベント、つまり次期iPhoneの発表イベントで披露されるかもしれない。仮に今年の9月に発表されたとしても、1年も前倒しして発表した意味は何だったんだ、ということになる。

Appleは発表してから発売までの期間を空ける製品が増えてきている。phoneArenaがそれらをまとめていたので紹介する。

AirPowerマット、発表から9ヶ月経った今でも音沙汰なし

発表から発売までの期間が長かった製品は意外と多い。初代「Apple Watch」も7ヶ月以上待たされ、「AirPods」や「HomePod」に至っては8ヶ月以上経ってからようやく発売された。

製品名 発表日 発売日 発表方発売までの期間
初代Apple Watch 2014年9月9日 2015年4月24日 227日(7ヶ月15日)
AirPods 2016年9月7日 2016年12月13日 97日(3ヶ月6日)
iMac Pro 2017年4月4日 2017年12月14日 254日(8ヶ月10日)
HomePod 2017年6月5日 2018年2月8日 248日(8ヶ月3日)
iPhone X 2017年9月12日 2017年11月3日 52日(1ヶ月22日)
AirPower 2017年9月12日 未定 274日(9ヶ月)

気になる、記になる…によると、最も発表から発売までの期間が長かったのは「iPhone 4」のホワイトモデルとなっていて、2010年6月7日発表、2011年4月28日発売でその期間なんと325日(10ヶ月21日)。

ただしこのままだと「AirPowerマット」もワイヤレス充電対応「AirPods」ケースもこれらを上回る可能性が高い。

「AirPowerマット」は最大出力は29Wとなっていて、特殊な電波によって「Apple Watch Series 3」を検知し、Apple Watchシリーズに同梱されている磁気充電ケーブルと同様のワイヤレス充電を実現していると噂されている。

公式情報としては利用可能なApple Watchは「Series 3」のみと発表されていたが、厳密には「Series 3」以降をサポートすると見られる。今年登場が期待されているデザインを刷新し、現行モデルよりも15%大きいディスプレイを搭載し、”物理的に押せるボタン”を本体から廃止した新型モデルでも利用可能になると期待される。

発表から発売まで期間を空けるのは意図的?やむなく延期?

話は戻るが、「AirPowerマット」やワイヤレス充電対応「AirPods」ケースを筆頭に、発表から発売まで伸ばすのは一体何の意味があるのだろうか。

「Apple Watch」、「AirPods」、「iMac Pro」、「HomePod」などは市場が求めている製品に対し「Appleとしてもそれに対抗する製品もあるからもう少し待っていてくれ」という効果があるように思える。

「Apple Watch」は結果的にスマートウオッチ市場を独占し、「AirPods」はあまりにも人気があり長い間在庫不足だった。「iMac Pro」はMacに不信感を抱き始めていた多くのプロユーザーからも支持され、僕が日々チェックしている複数の人気YouTuberが「買ってよかった商品」として紹介しているのを何回も目にした。

「HomePod」は世間一般の期待に応えられていなかったようにも見えるが、Appleのエコシステムにどっぷりと浸かっているコアなユーザーからは評判が良い。Appleはもともと最初から市場全体を狙う企業でもないので、ある意味戦略通りだったのかもしれない。

いずれにせよ、事前予告した効果は多少なりともあったように思える。

問題は「AirPowerマット」やワイヤレス充電対応の「AirPods」ケースだ。これは事前に予告したところで何もメリットが見出だせない。今まで発表されず、今年の9月に発表されたとしても反応は何も変わらなかっただろう。

iPhoneが初めてワイヤレス充電に対応した昨年の発表時にApple純正のワイヤレス充電器があることを言いたくなることはよく分かるが、いくら何でも次期モデルが登場する3ヶ月前になっても登場していないのは、発表のタイミングミスとしか言いようがない。

今年発表すれば、昨年から1年間かけて「Apple純正のワイヤレス充電器が出るかもしれないらしい」という噂がネットで広がり、期待値が高まっているところでいざ発表されてすぐに発売開始されれば盛り上がった勢いで売れるに違いない。すでに発表されている今、今後数ヶ月以内に発売開始されたとしても多少盛り上がるのはわかっているが、最初の反応は「ウオオオォォォ!」よりも「やっとでたか……」が先に来てしまいそうだ。

Taipei Apple Store Happy Girl with iPhone

Appleは、期待できる盛り上がりを自ら盛り下げているような気がして、もったいない。色々な事情があって発表から発売を延期しているのは重々承知しているが、発表から製品入手までが盛り上がりのワンセットなので、あまり期間を空けすぎないで欲しいと思う。

「AirPowerマット」とワイヤレス充電対応「AirPods」ケース、マダー?