医療機器に干渉する可能性があるApple製品一覧が公開

Apple、サポートドキュメント「医療機器への磁気干渉の可能性について」を公開

Charging with Magsafe

Appleは6月25日、サポートドキュメント「医療機器への磁気干渉の可能性について」を公開した。特定の状況下において磁石や電磁場が医療機器に干渉する恐れがあるとして、磁石を内臓しているApple製品リストを記載している。

植え込み型のペースメーカーや除細動器に内蔵されているセンサーが、磁石や無線送信機が近付くと反応する場合があるため、Appleは医療機器への干渉の可能性を排除するべく該当する製品は医療機器には近付けないよう警告している。

安全確保に必要とされる距離は「15cm以上」「ワイヤレス充電時は30cm以上」。医療機器に干渉している疑いがある場合は、Apple製品を利用停止の上、かかりつけ医や医療機器のメーカーに相談するよう案内している。

磁石を内蔵しているApple製品の一覧

サポートドキュメントが公開された2021年6月25日時点における、磁石を内蔵しているApple製品の一覧は以下のとおり。

関連情報
タグ#MagSafe
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:605535)
    コメント先:ぬぶすぷ(コメントID:605534)
    ICカードとかはまだ大丈夫そうですが、駐車券や切符、磁気ストライプが付いたカードは壊れることがあるそうです。スキミング防止のアクセサリで保護しておきたいですね

    同じポケットに入れることがあるのであれば、対策しておいたほうが安心ですね!

  2. ぬぶすぷ(コメントID:605534)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:605530)
    僕あんまり意識したことないんですけど、iPhone 12の磁力ってカードとかに影響を及ぼすリスクもあるんでしたっけ?一応意識しておいたことに越したことはない、って感じですか????

    ICカードとかはまだ大丈夫そうですが、駐車券や切符、磁気ストライプが付いたカードは壊れることがあるそうです。スキミング防止のアクセサリで保護しておきたいですね

  3. g.O.R.i(コメントID:605530)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:605526)
    磁石付けるのやめてほしいんですよね… カバンに入れる時に財布とかカード入れの位置意識しないといけないから咄嗟にサッと入れられない

    僕あんまり意識したことないんですけど、iPhone 12の磁力ってカードとかに影響を及ぼすリスクもあるんでしたっけ?一応意識しておいたことに越したことはない、って感じですか????

  4. 通りすがりの読者(コメントID:605526)

    磁石付けるのやめてほしいんですよね…
    カバンに入れる時に財布とかカード入れの位置意識しないといけないから咄嗟にサッと入れられない

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索