iPhone 8 / 8 Plus レビュー

gorime-bar-onecolumn

初代iPhoneの完成形 変える必要がなければ変わらないという勇気

iPhone X」の前では「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」は霞んで見える。やはり「iPhone 8/8 Plus」は見送って「iPhone X」を待つべきだと考えている人は多く、発売日も例年ほど盛り上がっていなかった。

とはいえ、Appleも意味もなく「iPhone 8/8 Plus」を出すはずがない。「7s」ではなく、ナンバリングを変更した「8」として出したのは、それ相応の進化を遂げているから。

実際に使ってみると、買い替えに買うに値する魅力はたっぷりと詰まっている。「True Tone」ディスプレイによる視認性の向上、置くだけで充電が開始されるワイヤレス充電や生き急いでいる人が重宝する高速充電の対応は旧モデルにない魅力。

カメラ性能もスペックを見る限りでは差がないように思えるかもしれないが、実際に写真を撮ってみると誰もが見ても画質が向上していることが一目瞭然。これまでは写真が撮るだけで満足していたとしたら、思わず自分の撮った写真を見返したくなるほど、綺麗な写真が撮れるようになる。

「iPhone 8」または「iPhone 8 Plus」の購入を検討している人のために、実際に使ってみて分かったことをまとめたので、買おうか悩んでいる人は参考にどうぞ!

デザイン:4年前から変化なし、時代に取り残された極太ベゼル

iPhone 8 / 8 Plus レビュー17

「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」のデザインは、昨年の「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」からほとんど変わっていない。言うならば、4.7インチモデルと5.5インチモデルが登場した「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」からほとんど変わっていないとも言える。

4年前から変化なし。これは実際のところ、どうなのか。

変わらないことは悪いことではないが、Androidに見劣りはする

Appleはナンバリングを変更し、「iPhone 7s」を飛ばして「iPhone 8」としているが、見た目だけで言えばやはり「iPhone 7s」でしかない。バックパネルがガラス製に変わったことによって高級感は増し、ジェットブラックモデルと比べて指紋も目立たなくなった

Apple曰く、「iPhone 8/8 Plus」のガラスは「これまでスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性がある」とのことだが、それなりの高さから落とすと予想通り割れてしまう。「iPhone 8/8 Plus」はディスプレイだけではなく、バックパネルも割れる可能性があるので、より一層危険性が高い。

このことから、大多数の人がケースを付けることを考えると、このデザイン変更はもはやあってないようなもの

ガラスに変更されたことによって「iPhone 8」は「iPhone 7」よりも10g重くなり、「iPhone 8 Plus」は「iPhone 7 Plus」よりも14g重くなった。これは確実に体感できる違いで、少し重量感のあるケースをつけようものならタイトなジーンズにねじ込めない恐れがある。

IPhone8 8Plus Review 06

見た目が変わらないことは決して悪いことではない。Appleにとってこのデザインが「ホームボタンを搭載したiPhoneの完成形」としているのであれば、あえて変える必要性はない。これほど全世界で多くの人に使われているデバイスだからこそ、変わらないことも大事なのかもしれない。

一方で、「iPhone 8/8 Plus」のデザインは最新のAndroidスマートフォンと並べると明らかに見劣りする。使い勝手云々はさておき、パッと見た時の近未来感があるAndroidに対し、iPhoneは最新モデルでも4年前のまま、時代に取り残されたようなデザインにも見える。

3色展開になったカラーモデル、フレーム部分に注目

カラーモデルも従来から大幅に絞り込まれ、スペースグレイ・シルバー・ゴールドの3色展開に。

IPhone8Plus Color Variation

昨年、一世を風靡したジェットブラックは何事もなかったかのように姿を消し、落ち着いたマット仕上がりのブラックもなくなり、なぜかスペースグレイがしれっと復活したことには正直驚いた。

シルバーはどちらかと言うとホワイト寄りのカラーで、個人的には3色の中で1番のお気に入り。ゴールドは従来のゴールドとローズゴールドを足して2で割って薄めたような色合い。どちらのモデルもフレーム部分に色味がハッキリと出ている。

IPhone8Plus Color Variation

IPhone8Plus Color Variation

ディスプレイとスピーカー:「True Tone」最高、音質も改善

iPhone 8 / 8 Plus レビュー48

「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」が変わっていない、という人は恐らくまだ「True Tone」ディスプレイを見ていないに違いない。「iPad Pro」で初めて採用されディスプレイ・テクノロジーが、ようやくiPhoneにも追加された。

「True Tone」とは、本体に搭載されている各種センサーを利用して周囲の光を分析し、ディスプレイのホワイトバランスを自動的に調整してくれると言う技術。

実際にその様子を動画で撮影したので、ご覧慣れ。左側にあるのが「iPhone 7 Plus」、右側にあるのが「iPhone 8 Plus」。暖色の照明および寒色の照明に切り替わると自然とディスプレイの色温度が変化していることが分かるはず。

予想以上に改善されていたのは、スピーカーの音質と音量。愛用中の防水ワイヤレススピーカー「Anker SoundCore Boost」には到底敵わないが、単体で音楽を流しても今までより低音が響き、厚みのあるサウンドが楽しめるようになった。

ちなみに、相変わらずヘッドホン端子はない。もう復活することはないので、文句を言わずに適応しましょう。他人は変えられないけど、自分なら変えることができる。

ワイヤレス充電と高速充電、そして電池持ち:毎日の作業に選択肢を追加

iPhone 8 / 8 Plus レビュー46

「iPhone 8/8 Plus」で追加されたワイヤレス充電は生活を少し便利にしてくれる。劇的ではないが、置くだけで充電できるというのはやはり便利だ。

充電スピードも思いの外遅くない。実際に測定してみたところ、1時間半で50%から85%まで電池が回復し、夜通し放置しておけば特に問題なさそう。

ただし、充電し続けるためには充電台の上において置かなければならないというのは意外と不便。充電しながら使いたい、という人はこれまで通りLightningケーブルを使った方が良さそうだ。生き急いでいる人は30分で最大50%まで充電してくれる高速充電を活用するのも手だが、アダプタとケーブルは別途自分で用意しなければならない。

どうしてもワイヤレス充電でより早く充電したい、という人はもうしばらくの辛抱が必要。Apple公式サイトで取り扱っている、最大出力7.5Wのmophie製およびBelkin製のワイヤレス充電台は今後のソフトウェア・アップデートで解禁される。

「iPhone 8」の電池容量は1,821mAhであることが確認され、「iPhone 7」の1,960mAhよりも少し容量が減っている。「iPhone 8 Plus」の電池容量は2,691mAhであることが確認され、やはり「iPhone 7 Plus」の2,900mAhよりも少し容量が減っている。

電池持ちの公称値は昨年と同じとなっているが、実際に使っていても電池持ちには違いは感じない。電池持ちが伸びているという実感はないが、減っているという実感もない。良くも悪くも変化なしだ。

あまり目立っていないが、実は結構変わっている機能がある。それはカメラ性能。「iPhone 7 Plus」と比較すると思いの外差があることに驚く。その違いは次ページからどうぞ!