「iPhone 8」の電池容量は1,821mAhーー分解レポートが公開

IFixit iPhone8 Report 1

iFixitがiPhone 8」の分解レポート公開している

外観が似ていることもあり、基本的な配置は「iPhone 7」と似ている部分も多いが、細かい改良も行われている。また、ワイヤレス充電対応に伴い、目に見えて分かる変化も確認できている。

iPhone 8」の電池容量、昨年からやや減少

分解レポートで初めて明らかになるのは最新モデルの電池容量。「iPhone 8」のバッテリーは1,821mAhであることが確認され、「iPhone 7」の1,960mAhよりも少し容量が減っていることが確認できている。

IFixit iPhone8 Report 2

電池持ちの公称値は昨年から変わっていないことから、新しい「A11 Bionic」チップの省電力性能によってより少ない電池容量で同じ電池持ちを実現できていると考えられる。

ロジックボードにはSK Hynix製のLPDDR4 RAMが2GB、フラッシュストレージは東芝製、モデムにはQualcommの「MDM9656 Snapdragon X16」が採用されている。Qiのワイヤレス充電に対応した「iPhone 8」の内部には大きいコイルが用意され、そのコイルの端にはAppleのロゴが印刷されていることが確認できる。

IFixit iPhone8 Report 3

修理スコアは10段階中6、という評価に。「iPhone 7」は10段階中7だったため、昨年モデルよりも修理しづらいようだ。

もっと読むiPhone 8まとめ
関連記事