iPhone 8 Plus スペースグレイモデル 外観レビュー

gorime-bar-onecolumn

消えたジェットブラック、復活したスペースグレイ 鏡面仕上がりは健在

「iPhone 8/8 Plus」は見送って「iPhone X」を待つべき理由はいくらでもあるが、「iPhone 8/8 Plus」を買うべき理由も十分にある。

むしろ、一般的に慎重派が多数を占めるであろうジャパニーズにとって「iPhone X」という様々な意味でチャレンジングなモデルを選ぶよりも「iPhone 8/8 Plus」という、堅実な選択肢を選ぶ人の方が多いような気がしてならない。

昨年、Appleは世界的にフィーバーとなった「iPhone 7 Plus」のジェットブラックモデルを発表した。翌年、何事もなかったのようにジェットブラックを見捨て、スペースグレイモデルを復活させた。

iPhone 7 Plus」から買い替えるべきなのか、「iPhone 7s Plus」と呼ばずに「iPhone 8 Plus」と呼ぶだけの価値があるのか、手に取った今でも色々と疑問は残るが、そんなことよりも、まずは見た目だ。

僕の第一印象は「やっぱり黒系のモデルは格好良い」。スペースグレイ、おかえり!

本記事ではiPhone 8 Plus」スペースグレイモデルの外観を紹介する!

iPhone 8 Plus」のスペック・仕様

IPhone 8 Plus Space Gray Design 01

外観の前に「iPhone 8 Plus」のスペックと仕様についておさらいしておく。

プロセッサーは「A11 Bionic」という6コアのチップ。ベンチマークテストにおけるマルチコアスコアが劇的に向上し、13インチ型「MacBook Pro」に匹敵する性能であることが判明。RAMは昨年から変わらず3GB

防水性能も引き続きIP67企画に準拠する仕様となっていて、ヘッドホン端子は用意されていない。見た目はほとんど変わらないが、バックパネルがガラス製になったことによってワイヤレス充電に対応。急いでいるときには向かないかもしれないが、寝ている時やデスクに置いておきたい時は便利そうだ。

カメラはデュアルレンズで変わらず。画素数などにも変化はないが、イメージセンサーや画像処理エンジンが改良され、暗所で撮った写真のノイズが削減されている模様。

iPhone 7 Plus」や「iPhone 6s Plus」との違いを比較した詳細記事は下記を参考にどうぞ。

鏡面仕上がりはある意味健在、背面がスッキリに

IPhone 8 Plus Space Gray Design 04

それでは早速「iPhone 8 Plus」の外観を紹介する。

「iPhone 7 Plus」のジェットブラックモデルは「iPhone 7/7 Plus」の中でも特別な存在ではあったが、今年のスペースグレイは用意されている3色の1色としか扱われていない。

Appleとしては色合いが新しくなったゴールドモデルを推しているようだが、個人的には黒いベゼルのスペースグレイモデル一択。色味は昨年のジェットブラックよりも濃いグレーになり、少しやさしい印象を受ける。外箱もそのカラーを反映し、真っ黒からややグレーに変わっている。

個人的にはバックパネルにあった文字列が消え、「iPhone」のみになったことがとても気に入っている。「iPhone 7 Plus」と並べてみるとその違いは一目瞭然だ。同時に、1年間ほとんどケースを付けて使っていたはずの「iPhone 7 Plus」が意外にボロボロになっていたことに気付く。

IPhone 8 Plus Space Gray Design 11

表側と裏側はどちらもガラスを使用しているが、ガラスを挟むフレーム部分はアルミニウム製。「iPhone X」はステンレススチールを採用しているため、高級感は劣るかもしれないが、傷付きづらく、長く使う上では嬉しい仕様だ。

鏡面仕上がりはジェットブラックモデルから引き継いでいるが、以前ほどの光沢はない。ガラス製になったお陰でグリップ感が増し、指紋が目立たない仕様になった。ケースを付けずに使いたい人にとっては嬉しい質感だ。

ホームボタンも健在。デュアルレンズカメラも健在。旧モデルから進化していないと思いきや、確かに変わっている。以下、どうぞご覧あれ!

IPhone 8 Plus Space Gray Design 08

IPhone 8 Plus Space Gray Design 09

IPhone 8 Plus Space Gray Design 10

IPhone 8 Plus Space Gray Design 06

IPhone 8 Plus Space Gray Design 02

Plusシリーズの完成形?「iPhone 8 Plus」の魅力を探る

IPhone 8 Plus Space Gray Design 05

iPhone 8 Plus」の購入に合わせて入手しておいたワイヤレス充電台。購入したのは「Anker PowerTouch 5」だが、見た目も美しく、グリップ感があり、「iPhone 8 Plus」との相性も抜群。

もちろん、この通り充電できている。

IPhone 8 Plus Space Gray Design 14

手にしてすぐに気がついた。「iPhone 8 Plus」はiPhoneのPlusシリーズの”完成形”だ。「iPhone X」が「新時代の初代モデル」と位置づけるのであれば、「iPhone 8/8 Plus」は「旧時代の完成形」に違いない。

そう思って「iPhone 8 Plus」を使っていると、なんだか感慨深いものがある。詳しいレビューは追って公開するが、「iPhone 8 Plus」で十二分似満足できる人は多いはず。

既にメイン端末に乗り換えているので、”完成形”の魅力をたっぷり伝えたいと思う!お楽しみに!