iPhone X レビュー

gorime-bar-onecolumn

Touch ID から Face ID へ ”スマホの未来” の第1歩

Appleは初代iPhoneから10年続いた、象徴的存在であるホームボタンを捨てた。それが「iPhone X」。Appleいわく、”スマホの未来” だ。

多くの人が望んでいた4年振りとなる大幅刷新モデルだからこそ、僕らはその “スマホの未来” に適応しなければならない。

ホームボタンの代わりに新しいジェスチャーや操作方法が加わった。指を置くだけで認証が完了する「Touch ID」も手間ではなかったが、iPhoneを握って画面を見るだけで認証が完了する「Face ID」の登場により、「認証する」という概念がさらに薄まった

実際に「iPhone X」はどうなのか。「Face ID」の認証精度や使い勝手、iPhoneとして初の有機EL「Super Retina HD」ディスプレイの見やすさ、ベゼルレスの操作性、そして進化したカメラ性能。

10周年を飾るモデルに相応しい「iPhone X」の魅力、欠点、そして「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」との違いなどについて細かく書いたので、購入を検討している人は参考にどうぞ!

デザイン:ステンレススチールフレームが美しい、新しい筐体

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

4年ぶりに刷新された「iPhone X」のデザインは、基本的には「iPhone 6」からのデザインを踏襲していると言える。カメラを無視すれば、「iPhone 8」に見えなくもない。

ステンレススチールフレームは高級感があり、僕が初めて手にした「iPhone 3G」を思い出す。傷つきやすく、指紋も目立つが、傷が気にする人はケースに入れ、ケースに入れない人は傷を気にしないはず。大事なのは、このフレームのお陰でiPhone 8/8 Plus」にはなかった高級感が生まれ、大変美しい、ということ。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

また特徴的なのは、縦並びになったデュアルレンズカメラと、大きくなったサイドボタン

デュアルレンズカメラは縦並びになっただけではなく、大きくなった上に突起が目立つように。突起は無いことに越したことは無いが、僕の中では一周回って芸術的存在ではないかと思えるようになってきた。

ただ、机の上に置くと「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」以上にガタガタ揺れるので、どうにかして欲しい。Jony Ive氏は机の上に置いてiPhoneを使うことを全く想定していないのかな。

サイドボタンの大型化は、恐らくホームボタンが廃止されたことに伴い、いくつかの機能が割り当てられたため、より押しやすく、音量ボタンとは異なる存在であることを明確にするために大きくしたと考えられる。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

筐体のサイズは「iPhone 8」より大きく、「iPhone 8 Plus」より小さい。どちらかと言うと「iPhone 8」寄りのサイズとなっているため、5.5インチモデルから移行するとその握りやすさに驚くはず。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

もちろん、タイトなジーンズには余裕でねじ込める。

IPhone X Silver Review 19

バックパネルは年々簡素化され、今となってはAppleロゴと「iPhone」の文字しかない。シンプル・イズ・ベスト。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

ディスプレイ側のデザインといえば、ホームボタンが廃止されベゼルレスになったこと。コンテンツへの没入しやすく、ARに本腰を入れるタイミングで発表するフラグシップモデルをベゼルレスにしたのは大正解だ。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

とは言え、完全なベゼルレスではない。ディスプレイの特徴として、TrueDepthカメラに必要とする各種センサーを収めた「センサーハウジング」と呼ばれている切り込みが用意されている。

これをとにかく否定したがる人も見受けられるが、いざ使い始めると数分でその存在を忘れる。それもそのはず、ステータスバーを見ながら画面の操作なんてほとんどしない。必要な情報は左右のいずれかにいつもあった。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

非常にポジティブに考えると、これは「iPhone X」のデザインの一環なのかもしれない。近年のスマートフォンはベゼルレスデザインを採用する傾向にあるが、この凹型のディスプレイだからこそ、ひと目で「iPhone X」だと分かる。要は、個性だ。

ディスプレイ:「ベゼルレス x Super Retina」という最強タッグ

iPhone Xのディスプレイ

「iPhone X」はiPhoneとして初めて有機ELディスプレイを採用。解像度は458ppiでiPhone史上最高。もちろん、True Toneにも対応している。

iPhone 8 Plus」から移行しても「iPhone X」のディスプレイは段違いに美しいことは一目瞭然だ。

例えば、ブラウザを見ていると、ガラスの下に文字があるのではなく、まるで文字がディスプレイに張り付いているように思えてくる。「iPhone X」のコントラスト比(最も明るい色と最も暗い色の差)は1,000,000:1。参考として「iPhone 8 Plus」は1,300:1なので、あらゆるコンテンツにメリハリが生まれるのは当然のことかもしれない。

IPhone X Displaying GoriMe 01

加えて、5.8インチのディスプレイをフルに活かすように最適化されていれば、とてつもなく気持ちが良い。思わずこのレビュー記事のような長い記事をあえて「iPhone X」で読みたくなる。

ところで、「iPhone X」のディスプレイサイズは5.8インチではあるものの、実際は「iPhone 8 Plus」より大きいディスプレイではない。「iPhone 8」が縦に伸びたディスプレイ、という表現が正しい。

「5.5インチモデル以上のディスプレイを持つ4.7インチサイズのiPhone」ではなく、「4.7インチモデルが少し縦に伸びたベゼルレスiPhone」なのだ。

iPhone X iPhone 8 iPhone 8 Plus
アスペクト比 2.17:1 16:9 16:9
ディスプレイサイズ 5.85インチ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1125 x 2436 ピクセル 750 x 1334 ピクセル 1080 x 1920 ピクセル
実質解像度 375 x 812 ポイント
(@3x)
375 x 667 ポイント
(@2x)
414 x 736 ポイント
(@3x)
比率 82% 65.7% 68.2%
ピクセル密度 458 ppi 326 ppi 401 ppi

要は、「iPhone 5」から「iPhone 6/6 Plus」のようなサイズアップではなく、どちらかと言うとiPhone 4S」から「iPhone 5」へのアップデートに近い

そのため、長い画面サイズを活かすようにキーボードも一部配置が変更。キーパッドの下に地球儀アイコンが移動している。

IPhone X Review SIlver Model Comparison 04

既存アプリ、ホーム画面を「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」で比較

実際に既存アプリやホーム画面は「iPhone X」と「iPhone 8/8 Plus」ではどのように変わるのか。

ホーム画面はいずれもDockを除いて6 × 4個のアプリを表示することができる。分かりづらいかもしれないが、「iPhone X」は「iPhone 8」と同じ横幅のため、「iPhone 8 Plus」と比較すると少しホーム画面が窮屈に感じる。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

Safariを表示すると縦に長いお陰で「iPhone 8 Plus」よりも多くの記事数を一度に表示することとができている。TwitterやInstagramも同様に、縦に長い分、一度に見ることができるコンテンツ量が多い。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー
Safari

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー
Twitter

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー
Instagram

一方、出たばかりの「iPhone X」に対応できていないアプリも多い。「iPhone 6」が登場後、なかなか大画面に対応しなかったデベロッパーも多かったことから、「iPhone X」でも移行には時間が掛かると想定される。

意外にもビッグネームも対応は遅く、GoogleMicrosoftなどのアプリは暫くの間、「iPhone X」の大画面を活かすことができない可能性がある。

僕が使用している「Spotify」も記事執筆時点では未対応。上下に黒い帯が表示されてしまい、横幅が「iPhone 8」と同じであることから、未対応アプリを開くと実質「iPhone X」が「iPhone 8」に戻ってしまう

過去に5.5インチモデルから4.7インチモデルへの移行に失敗した身としては、損をした気分になる。

iPhone Xと8でSpotify比較

動画視聴時のセンサーハウジングは邪魔、動画も大画面を活かせず

「iPhone 8/8 Plus」のアスペクト比は16:9だが、「iPhone X」は2.17:1という縦長の比率になっている。そのため、16:9の動画を再生しても「iPhone X」のディスプレイを活かすことができず、左右に黒い帯が表示されてしまい、これもまた「iPhone 8」と同じ大きさに。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

アプリが対応していれば動画を拡大して再生することもできるが、その場合、センサーハウジングで一部隠れてしまう他、上下も見切れてしまう。実際、YouTubeで拡大した状態で再生してみたが、上下が見切れることによって見えない字幕などがあり、不便だ。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

「iPhone X」は動画視聴には向かない。特に「iPhone 8 Plus」など5.5インチモデル出身の人はむしろ画面が狭く感じ、物足りなく思えるかもしれない。

ホームボタン廃止と新しいジェスチャー

ホームボタンが廃止されたことによって、ホームボタンが担っていた機能が新しいジェスチャーとサイドボタンに分散した。

今のところ把握している新しい操作方法は下記記事にまとめているが、個人的に最も衝撃的だったのは、電源オフがサイドボタンの長押しでできなくなったこと。

電池残量のパーセント表示が常時表示できなくなったことを不満に思っている人は多いようだ。確かに、使っていると知らないうちに電池残量が半分以下だったりするので、不便といえば不便。

「iPhone X」からは「ホームボタンを押す」という動作が画面下部から上方向のスワイプになり、今までとは異なる指の動きが基本となった。(参考:解説記事

アプリの切り替えは、画面下部を左右にスワイプするだけで済むように!(参考:解説記事)これはハッキリ言ってめちゃくちゃ便利だ。指の動きも少ないので助かる。

マルチタスク画面を表示してアプリを強制終了する方法(参考:解説記事)も変わり、これには不満を抱いている人も一定数いるようだが、そもそもアプリの強制終了はほとんど使う必要がないはず。不満に思っているということは、そもそもiPhoneの使い方が間違っているということを認識するべきだ。

コントロールセンターが画面上から下方向に引っ張り出すようにして表示する(参考:解説記事)のは、なかなか慣れず、未だに従来のスワイプでホーム画面を表示してしまうことがしばしばある。

他にスクリーンショットを撮る方法画面を下げる「簡易アクセス」を使う方法が変わったが、これらも慣れてしまえば済む話なので、それほど困っていない。

意外と便利なのは「タップしてスリープ解除」という、「iPhone X」独自の新機能。

「手前に傾けてスリープ解除」とは別に用意され、画面をタップするだけで画面を点灯させることができるため、すこぶる便利!いちいちサイドボタンを押すことなく、画面を「トンッ」と叩くだけで点灯してくれるので、重宝している。

Face ID:まだまだ改善の余地ありだが、”スマホの未来” 感はある

「iPhone X」の注目機能である新しい顔認証機能「Face ID」。「Touch ID」を捨ててまで搭載した新しい生体認証機能は、現段階ではまだ未熟、と言わざるを得ない。

「Face ID」を登録するための手順は「Touch ID」と比べて圧倒的に楽になった。顔をぐるっと回し、写真の周りが緑色のラインで埋まれば登録完了。「Touch ID」と同様にこの作業を2回繰り返すのだが、認証スピードが恐ろしく早く、カジュアルにぐるっと首を回すだけで大抵は成功する。

「Face ID」のアイコンは地味に好きだ。可愛い。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

「Face ID」は画面を見ている時は「認証したことに気づかない」

ここ数日間、「Face ID」で色々と試してみた。コンビニの決済は楽勝。「Touch ID」でもそうだが、予め認証した状態で待機しておけば後はかざすだけなので、特に変化はない。

自販機はコンビニと同じ理屈なので認証を先に行うことを忘れなければ問題なし。モバイルSuicaでの乗り降りはそもそも「Face ID」を使わないので変化なし。

特に便利だと思ったのは、アプリ内の認証。「1Password」や「Dropbox」など「Touch ID」から「Face ID」に移行しているアプリは画面を見ているだけで自動的に認証が完了するため、パスコードが掛かっていたことさえも忘れてしまう。

指紋認証をするために指をホームボタンに置く手間がなくなった。これは革命だ。濡れた手でも覗き込むだけでロック解除を行うことができる。

「Face ID」は「Touch ID」を超えているとは思えない

ただ、良いことばかりではない。僕のこれまでの使い方では「iPhone X」は使えなくなってしまった。

その原因となっているのは、「iPhone X」の位置・角度にによって認証できない、ということ。また、認証が失敗した時に認証し直す手間が掛かる、ということ。

「iPhone X」の位置や角度によて認証しないことは致命的だ。近すぎても、遠すぎても、左右どちらかに逸れていても、逆さまでも、横向きでも、ダメだ。認識してもらうためには、真っ直ぐ正面を向いていなければならない。

スマホを机の上に置いている時。寝起きで通知を確認したい時。横たわっている時。顔に手を置いている時。歯を磨いている時。これらの場合は全く使い物にならない

机の上に置いたまま通知を開くことができていた「iPhone 8 Plus」とは違い、「iPhone X」は身を乗り出して覗き込まなければロック画面を突破できない。

パスコードロックを使えばいいのでは、と思う人もいるかもしれないが、パスコードロックが面倒だからこそ「Touch ID」を重宝していた。通知が来たら「iPhone X」を持ち上げるか、「Apple Watch」で通知を確認しろ、ということなのだろうか。

また、「iPhone X」では所有者が注視している時にのみ通知内容を表示する機能が備わっているのだが、これを有効化しているとストレスで爆発する。

「Face ID」は画面に対して真っ直ぐ向いていなければ認識してくれない。そのため、逆さまに持っていたり、横たわって認証しようとしても認証してくれない。先ほど紹介した「タップしてスリープ解除」が台無しだ。

毎回スパッと認証してくれるのであればプライバシーを強化してくれる便利な機能ではあると思うが、現状のクオリティでは有効化している方がかえってストレスが溜まると判断し、無効化。特に困っていない。

まだまだ「Face ID」には不満がある。この限られた位置や角度でしか認証できない上に、認証を失敗した時に認証し直す手間が掛かるのだ。

「Touch ID」の場合、認証を失敗すれば再度指をホームボタンの上に置いて位置を調整すれば済む話だった。「Face ID」の場合、そもそも何をすれば認証し直しになるのか、分からない

サイドボタンを押して一度画面を消灯し、画面をタップして点灯してから再度チャレンジ。失敗するとまたこの繰り返しとなり、3回失敗するとパスコード入力に切り替わる。パスコードの入力画面が表示されると負けた気分になる。

まだまだ未熟な「Face ID」は、今後の進化に期待

不満が爆発している「Face ID」だが、解決方法は非常にシンプルだ。「Face ID」の認証精度および認証速度が改善されることに期待するしかない。

「Touch ID」も初期の頃よりも第1世代よりも第2世代の方が圧倒的に認証精度が改善されているため、数年後にはこれらの不満点はきっと解消されていると予想している。

ただ、現状は「Touch ID を置き換える存在」とはなっていない。

カメラ:よりナチュラルなボケが外向き・内向き両方で堪能できるように

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

さて、それでは「iPhone X」に用意されている機能のうち、比較的高い頻度で使用するカメラの実力を紹介する。まずは「iPhone X」および「iPhone 8 Plus」のカメラ性能をおさらいしておこう。

iPhone X iPhone 8 Plus
  • 12MP広角カメラと12MP望遠カメラ
  • 広角:ƒ/1.8の開口部、望遠:ƒ/2.4の開口部
  • 光学式手ぶれ補正(広角、望遠)
  • 光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
  • 12MP広角カメラと12MP望遠カメラ
  • 広角:ƒ/1.8の開口部、望遠:ƒ/2.8の開口部
  • 光学式手ぶれ補正(広角)
  • 光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム

f2.8の光学手ブレ補正非搭載の望遠レンズを搭載している「iPhone 8 Plus」と比較して、「iPhone X」はより明るいf2.4の光学手ブレ補正搭載の望遠レンズになっている。

これによって最も恩恵を受けるのが、背景をぼかす「ポートレートモード」。というのも、通常モードでは2倍ズームにしても、場合によってはiOSが勝手に光学ズームではなくデジタルズームに切り替える仕様となっているが、ポートレートモードの場合、望遠レンズの使用は必須であるため、明るくなった上に光学手振れ補正に対応したことは非常に大きいのだ。

iSightカメラの実力:光学手ぶれ補正対応でよりパリッとした写真撮影が可能に

では、下記に「iPhone X」で撮影した作例をいくつか紹介する。こちらは天気の良い窓際の席に座り、ポートレートモードで撮影した写真。

IPhone X Photo Sample

IPhone X Photo Sample

このような明るい環境では、明るくなったレンズも光学手ブレ補正もそれほど効果は発揮せず、比較しても目視で確認できるような劇的な差はない。

確かに「iPhone X」の方がISO感度は低く、シャッタースピードも早く、明るいレンズと光学手ブレ補正は役に立っている様子はあるが、実際の写真には劇的な差は見受けられない。

左が「iPhone X」、右が「iPhone 8 Plus」

ところが、撮影しているとあることに気付く。それは、「iPhone X」の方がボケ味が優しい、ということ。

下記写真を見るとその違いがよく分かる。奥にある瓶に注目。

左が「iPhone X」、右が「iPhone 8 Plus」

では、暗所での撮影はどうかと言うと、意外にも劇的な差はない。EXIF情報を見る限りではISO感度に大きな差が開いているため、「iPhone 8 Plus」がもっと粗いのかと思いきや、僕にはその違いが分からなかった。

左が「iPhone X」、右が「iPhone 8 Plus」

つまり、それほど「iOS 11」のソフトウェア処理は優秀であるということになる。

以下に「iPhone X」のポートレートモード以外で撮影した写真を載せておく。天気にも恵まれて、写真を撮るのが純粋に楽しかった。

IPhone X Photo Sample

IPhone X Photo Sample

IPhoneX Photo Sample Everything 01

「iPhone X」では「iPhone 8 Plus」にも用意されていた「ポートレートライティング」が用意されている。詳しくは「iPhone 8/8 Plus」のレビュー記事で紹介しているが、参考に「iPhone 8 Plus」で撮影した茜さやさん(@sayahana1)さんの写真サンプルを載せておく。

TrueDepthカメラの実力:”プロっぽい”セルフィが撮れるように

外向きカメラよりも目に見えて違いが分かるのは内向きカメラ。「FaceTimeカメラ」ではなく「TrueDepth」カメラと呼ばれるようになり、「Face ID」を可能にする最新のセンサー達が素早く顔を認識し、最高のセルフィを撮影可能にする。

さらに、これまでは外向きカメラしか利用できなかった、背景をぼかすポートレートモードが内向きカメラでも利用可能に

外向きカメラでは望遠レンズを使用しなければならず、2.5メートル離れるという制約があった。内向きカメラのポートレートモードは、これまでのセルフィと変わらない感覚で撮影しつつ、背景をぼかすことができることが魅力!もちろん、複数人でも認識する。

最高に可愛い茜さやさんからの落差が激しくて大変申し訳ないが、一応、写真サンプルとして妻とデート中でルンルンの僕を載せておく。

もちろん、ポートレートライティングにも対応。ポートレートモードにも言えることだが、細いモノを正しく認識するのが苦手なようで、僕のメガネの奥側が溶け込んでしまっていることがよく分かる。

TrueDepthカメラならではの機能「アニ文字」は何気に楽しい

もちろん、アニ文字のことは忘れてはならない。数週間で飽きるとは思うが、これまでAppleが導入したiMessageの新機能の中で最もオリジナリティがあり、最も試してみたくなる機能だと言える。

IPhone X Review SIlver Model Comparison Animoji

基本的にはiMessageでしか使えず、保存するためには一度送信しなければならないが、保存さえすれば下記のようにTwitterなどに投稿することもできるので、結構楽しい。

これがLINE用のスタンプでも利用可能になれば可能性は広がりそうだ!

ワイヤレス充電とバッテリー:電池持ちは思っていたほどではない

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

「iPhone 8 Plus」を手にしてから始まったワイヤレス充電生活は、一度慣れるともう戻れない。置くだけで充電される。

「充電するからには100%にしなければダメだ」「急いでいるから短時間でできる限りの電池容量を復活させたい」という人には向かないが、机の上に放置しているだけであればワイヤレス充電はスッと生活の中に溶け込む。

「iPhone X」の電池持ちは「iPhone 8」より2時間多い、と公表したAppleだが、「iPhone 8 Plus」から「iPhone X」に乗り換えた立場からすると、「iPhone X」の電池持ちは期待していたほどではない

パフォーマンスや防水性能、スピーカーなどその他諸々

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

最後に細々とした情報にも触れておく。

本体の重量は174gとなっていて、「iPhone 8 Plus」の202gよりは軽く、「iPhone 8」の148gよりは重い。見た目が「iPhone 8」に近いせいか、手に持つと存在感がある。

IPhone X Silver Review 01

「iPhone X」には「iPhone 8/8 Plus」と同じ「A11 Bionic」が採用されているため、基本的な性能は変わらず。RAMは3GBとなっているため、実質「iPhone 8 Plus」と同じ内部スペックと思って間違いない。

防水性能やApple Payは引き継がれ、どちらもない生活は考えられない。スピーカーは地味に性能が改善されているのか、「iPhone 8 Plus」と比較して音質がクリアになったような印象を受ける。

スピーカー性能と関係あるのか分からないが、「iPhone X」の方が「iPhone 8 Plus」よりもシャッター音に不快感がない。

ベゼルレスディスプレイや「Face ID」など、派手な新機能が目立つ「iPhone X」だが、過去のiPhoneがこれまで着実に進化し続けてきたからこそ、それらを引き継いだ上で “スマホの未来” への第1歩を踏み出すことができているのだ。

まとめ:「iPhone X」は「スマホの未来」の第1歩

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

「iPhone X」はApple史上最高のiPhoneであることは間違いない。

ここでハッキリしておきたいのは、「iPhone X」はホームボタンが搭載されている初代iPhoneの集大成ではない、ということ。その大役は「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」がしっかりと成し遂げた。

「iPhone X」は、“スマホの未来” に通じる、記念すべき第1歩なのだ。「10周年」ではなく「次の10年」。Appleが思い描く、iPhoneが新たに進む道のスタートラインに立った、と言えるだろう。

では、今買うなら「iPhone X」一択なのか。

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

「iPhone X」が発売される前に、「iPhone 8 Plus」の方が「iPhone X」よりも優れている可能性があるという記事を書いたが、実際に「iPhone X」を手に入れてもなお、この考えは変わらない。

ある意味 “4.7インチモデルと5.5インチモデルのいいとこ取り” をした「iPhone X」だが、「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」で十分満足できる人もいるはずだ。

「iPhone X」には生活が劇的に変わる、という要素はない。どちらかと言うと、今まで慣れしたんだ使い方から新しい使い方に変えなければならないことの方が多い。

それでも僕は「iPhone X」を選ぶ。今までの “当たり前” を捨ててでも “スマホの未来” を一足先に体験したいからだ。

未来はいずれやってくる。だから、ちょっとフライングしたぐらいでは、後悔することはないだろう。