「iOS 12.1」の中に新型「iPad Pro」登場を示唆する記述が発見

Ipad pro 12 9 rendering 1

9月には新型iPhoneとApple Watchが発表され、10月には新型「iPad Pro」と「MacBook」が登場すると予想されている。

10月という事実はないものの、少なくとも新型「iPad Pro」が今秋に登場することを裏付ける記述が「iOS 12.1 Beta」の中から発見されたと9to5Macが伝えている。

「iPad2018Fall」の記述が最新ベータ版の中に発見される

コード内には「iPad2018Fall」という識別IDが存在。これは、「iOS 12」以前には存在していないものだったという。

IPad2018Fall in ios 12
【image via 9to5Mac

同じ「iOS 12.1 Beta」内からは横向きに対応する「Face ID」に関する記述が発見されている。Appleが11月以降にイベントを開催するという事例はないため、コードにある「2018Fall」は10月を指している可能性が高いと見られ、来月に噂されているベゼルレスデザインを採用した新型「iPad Pro」が登場するのではないかと期待される。

8月までにはケース画像CAD画像がリークし、背面に謎のコネクタが発見されていた。Ming-Chi Kuo氏は次期モデルのLightning端子がUBS-C端子に置き換わると予想している。

次期「iPad Pro」に関する最新情報

あわせて読みたい