Apple、「MacBook/MacBook Pro」のディスプレイコーティングが剥がれる不具合の受付期間をさらに延長

MacBook Pro anti reflective wearing off

2013年以降に発売された「MacBook Pro」のRetinaディスプレイモデル、および、12インチ型「MacBook」のディスプレイコーティングが剥がれてしまう不具合について、Appleは受付期間を延長していることが明らかになった。

MacRumorsが入手した内部資料によると、下記にある「MacBook Pro」または「MacBook」を購入してから4年以内であれば、シリアルナンバーごとに最大2回、無償で修理対応を行ってくれる

  • 13インチ型「MacBook Pro」の2013年〜2017年モデル
  • 15インチ型「MacBook Pro」の2013年〜2017年モデル
  • 12インチ型「MacBook」の2015年〜2017年モデル

現行モデル(2017年)もコーティングが剥がれる可能性

当初は2012年の「MacBook Pro Retina」も対象だったが、4年前に製造が終了したため、対象外となっている。

衝撃的なのは、「MacBook Pro」および「MacBook」の現行モデルの名前が挙がっている、ということ。Retinaディスプレイを搭載したMacのコーティングが剥がれてしまう不具合は最新モデルでも発生する可能性がある、ということだ。

この不具合についてはAppleは公式に発表していないものの、MacRumorsに対し、内部で取り決めが行われた対応であることを明らかにした。全世界共通の対応であると考えられるが、情報が行き届かず、電話サポートなどでは断られる可能性もありそう。

手元にあるMacで不具合が発生しているのであれば、直営店や正規サービスプロバイダに直接持ち込んだ方が良さそうだ。

もっと読むMacBookまとめ
もっと読むMacBook Proまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読