MacBookのディスプレイコーティング修理プログラム、2013/2014年モデルを対象外に

MacBookおよびMacBook Proの2015〜2017年のモデルは引き続きサービス対象

MacBook Pro anti reflective wearing off

Appleは、12インチ型MacBookや13/15インチ型MacBook Proの一部モデルにおいて、ディスプレイのコーティングが剥がれる問題を対応するための修理プログラムを実施しているが、MacRumorsが入手したApple公式サービスプロバイダ向けの資料によると、MacBook Proの2013年モデルおよび2014年モデルがサポート対象外になったと報じている。

この変更後、修理プログラムのサービス対象となっているモデルは下記の通り:

  • MacBook Pro (13-inch, Early 2015)
  • MacBook Pro (15-inch, Mid 2015)
  • MacBook Pro (13-inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-inch, 2016)
  • MacBook Pro (13-inch, 2017)
  • MacBook Pro (15-inch, 2017)
  • MacBook (12-inch, Early 2015)
  • MacBook (12-inch, Early 2016)
  • MacBook (12-inch, Early 2017)

対象となっているのは基本的に2017年モデル以前となっていて、2018年モデル以降のMacBook ProやMacBook Airなどは対象デバイスに含まれていない。

MacBookのディスプレイコーティングが剥がれる問題は2015年3月頃から話題となり、Appleは同年の10月に無償で修理することを発表していた。

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索