「MacBook Pro 2018」のキーボード、シリコン膜追加でゴミの侵入防止に大きく貢献

Teardown of new keyboard

iFixitによってMacBook Pro 2018」の第3世代バタフライ式キーボード、構造が改良されていることが判明し、AppleもMacBook Pro 2018」のキーボードを改良したことを内部資料で認めた。発表時や公式ページには静音性を高めたと謳っているが、実際はゴミへの侵入を防ぐために構造を改良したことが判明している。

気になるのは、追加されたシリコン膜がどの程度ゴミの侵入を防いでくれるのか。そして、本当にこの改良によってキーボードが故障する確率は下がるのか。

シリコン膜はキーボード全体を覆い、各キー用の穴が開いた構造

そこで、iFixitが第3世代バタフライ式キーボードのシリコン膜をテスト。ゴミや埃を再現する色のついた粒子を噴射し、各キーへの侵入を防いでくれるのかを確認した。

その結果が下記の写真。ごく一部の粒子がキーの下に入っているものの、大部分はシリコン膜によって防御され、キーボードの故障を防いでくれる可能性は高そうだ。完璧ではないが、大幅な改良だ。

Dust manages to get inside silicone barrier

2017年以前のモデルでも同様のテストを行った結果、すぐに各キーに侵入してしまったと報告している。また、シリコン膜があっても砂のようなより細かい粒子は侵入を防ぐことができなかったという。海辺で作業したい人は要注意!

iFixitがキーボードを分解した結果、追加されているシリコン膜は各キーごとに独立して追加されているのではなく、キーボード全体を覆うような形で1つのシリコン膜が追加され、各キー用に穴が開けられていることが判明。この構造によってゴミや埃がキーボード内部に侵入することが難しくなっているとのこと。

また、各キーそのものは過去のモデルよりも薄くなっていると伝えられている。

もっと読むMacBook Proまとめ