「MacBook Pro 2018」、ロジックボードが故障するとデータの復旧はほぼ不可能か

Ifixit macbook pro 2018 teardown 3

MacBook Pro 2018」のロジックボードが故障してしまった場合、データの復旧はほぼ不可能になる可能性が浮上した。

MacRumorsが複数のApple公認のサービスプロバイダに確認を取ったところ、「MacBook Pro」の2016年モデルおよび2017年モデルで利用できた「ユーザーデータ・マイグレーションツール」が利用不可になっていることを確認したそうだ。

過去のモデルには、同ツールを接続するためのコネクタがロジックボードに搭載されていたが、iFixitの分解レポートによると、2018年モデルにはそのコネクタが廃止されていることが判明している。

動作さえしていれば、2018年モデルでも「ターゲットディスクモード」と「移行アシスタント」を利用することによってデータの移行は可能だという。

データの普及を可能にするポートが2018年モデルのロジックボードから廃止された理由は、恐らく「Apple T2」チップが搭載されたことが理由ではないかと見られている。同チップはSMC(システム管理コントローラ)やSSDの制御を行い、ハードウェアの暗号化エンジンも含まれている。

現状、バックアップが取得されていない「MacBook Pro 2018」のロジックボードが故障してしまった場合、データの復旧をする方法はApple内でも用意されていない模様。万が一の事態に備え、Time Machineバックアップを定期的に取得することを強くオススメする。

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB PC/テレビ録画/日本製/土日サポート EX-HD3CZ
アイ・オー・データ (2017-05-02)
売り上げランキング: 5
あわせて読みたい