16インチ型MacBook Pro、Touch Bar/Touch IDのキーレイアウトによりesc物理キーへの期待高まる

Face IDを搭載する可能性は低く、スペック的にもMacBook Proラインナップに加わる新サイズという位置づけかも?

MacBook Pro 16inch touchbar and touchid 01

近々登場すると噂されている16インチ型「MacBook Pro」だが、どうやら期待していたほど劇的な進化を遂げるマシーンではなく、どちらかと言うとマイナーアップデートに留まることになりそうだ。

9to5Macが「macOS Catalina 10.15.1」の内部コードから発見された画像ファイルによると、16インチ型「MacBook Pro」は「Touch Bar」と「Touch ID」を用意されたキーボードを採用するものの、従来と異なり、「Touch Bar」と「Touch ID」は分離したキーレイアウトになっていることが判明した。

Touch ID/電源ボタンをあえて分離したということは、反対側には……

参考に、現行の15インチモデルのキーレイアウト(JIS配列)を見てみよう。「Touch Bar」の中に「Touch ID」が埋め込まれたような状態になっている。

Macbook pro 15 now

ところが、16インチモデルの画像には「Touch ID」の左側にキーボードの隙間があり、「Touch Bar」と離れていることが確認できる。現状でもデザインとしては特に問題ないはずがあえて分けているということは、左右のバランスを取るための変更であると考えられ、以前噂されていた「esc」の物理キーが搭載される可能性が高くなってきた。

また、「Touch ID」が採用されていることから「Face ID」を併用する可能性は低い。狭額縁デザインの採用によって16インチディスプレイを従来の15インチモデルと同等のサイズで実現するとしても顔認証にはならない模様。

15インチモデルの進化版ではなく、17インチモデル的存在として追加?

今回の画像を見る限りでは、16インチ型「MacBook Pro」どうやら僕らが期待していたような劇的な進化を遂げたメジャーアップデートモデルにはならなさそうだ。むしろ、往年の17インチ型「MacBook Pro」の復刻版として、15インチディスプレイでは物理的な画面サイズが物足りないユーザーを狙ったモデルになる気がしてきた。

仮に16.7インチモデルや16.9インチモデルだとしたら、限りなく17インチモデルに近かったとしてもAppleとしては「16インチモデル」と呼ぶことは十分に考えられる。

実際に、現時点で報じられているスペックを見る限り、メジャーアップデートモデルというよりも物理的に大きいサイズのモデルを追加したような構成になりそうだ。

  • IntelのCoffee Lake RefreshまたはIce Lake(未発表)
  • 超薄型ベゼルを採用したディスプレイ
  • 信頼性が高くなったシザー式キーボード
  • 筐体サイズは現行の15インチモデルとほぼ同じ
  • ディスプレイは液晶、解像度は3,072 x 1,920ピクセル

物理的サイズは同じだと言われているものの、macOSから発見されその後削除されたアイコン画像を見比べると、物理的なサイズが変わっているようにしか見えない。

MacBook Pro 16inch model icons

これらを踏まえると、16インチ型「MacBook Pro」は15インチモデルの進化版ではなく、より大きいディスプレイを持ち運びたいプロユーザー向けのMacBook、という位置づけなのかもしれない。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索