「Mac mini」のコンセプトイメージが公開ーースペースグレイの筐体、4基のTB3ポートなどを想像

Mac Mini Concept 2018 1

Appleは10月30日の発表イベントで「iPad Pro」、「MacBook」、「Mac mini」の新モデルを発表すると噂されている。

見間違いではない。4年間も放置され続けてきた「Mac mini」の後継モデルがプロをターゲットとした仕様になって登場するかもしれないと噂されているのだ。

残念ながら現時点ではそれ以外の情報がないが、Viktor Kádár氏がBehanceMac mini」のコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

「Touch Bar」搭載のキーボードは俄然ノーサンキュー

Kádár氏のコンセプトイメージには現行の「Mac mini」の筐体を踏襲したまま、「Thunderbolt 3」ポートが4基の他、SDカードスロットやHDMIポートが搭載されることを想像している。
Mac Mini Concept 2018 4

対応する周辺機器としてはスペースグレイの「Magic Mouse」、Appleのディスプレイ、「Touch Bar」搭載のワイヤレスキーボードが用意されている。
Mac Mini Concept 2018 2

外観に関しては現実的に有り得そうではあるが、仮にスペシャルイベントで発表されたとしてもこのような仕様になるとは考えづらい。

そもそも、現行モデルがエントリー機としての立ち位置である「Mac mini」がプロをターゲットとした仕様になること自体も疑問が残るが、仮に”プロ仕様”になったとしても「iMac Pro」と同等の外部ポートが用意されるとは考えづらい。

「Touch Bar」搭載のワイヤレスキーボードは論外だ。あれほど役に立たないにも関わらず、存在しているだけで価格を引き上げ、故障リスクを高め、作業効率を落とす邪魔な存在はない。

Apple純正のディスプレイは開発中であると明言しているが、あくまでも次期「iMac Pro」に合わせた仕様になると考えられ、とてもではないが「Mac mini」で出力できるとは考えづらい。

本題からは逸れるが、これらのことから噂されてる「プロをターゲットとしたMac mini」は「Mac mini」ではなく、2019年に登場する予定の「Mac Pro」のことを指している可能性がある

(via MacRumors

「Macコンセプトイメージ」新着記事
トレンド検索