MacBook ProとiPadが融合した割とまともなコンセプトイメージ

What if MacBook Keyboard was Completely Touch

もしMacBook Pro」のトラックパッドで「iPad Pro」の「Apple Pencil」が使用できたら最高ではないか。「メモ」アプリで手書きメモを残したい時にわざわざ「iPad Pro」を取り出すことなく、「MacBook Pro」のトラックパッドの上でメモをとることができる。

その発想を具現化したコンセプトイメージがYanko Designで公開されていたので、紹介する!

Taptic Engineを活用し物理ボタンのような感触を再現

次期「MacBook Pro」では「iPad Pro」をペンタブ化する機能が用意されるかもしれないと噂されているが、今回のコンセプトイメージが実現した場合、そもそも「iPad Pro」の機能が「MacBook Pro」に内蔵されたような形になるので「iPad Pro」を別途持ち運ぶことは不要になる。夢のようだ!
What if MacBook Keyboard was Completely Touch

通常のトラックパッドエリアでも「Apple Pencil」を使うことはできるが、ピンチアウトでキーボード部分も大きなデジタル・キャンバスに変えることができることをイメージ。この時ばかりは「Touch Bar」は役に立ちそうだなあ。

このコンセプト、どこかで見覚えがあると思ったら「Yoga Book」だった。

発想自体は面白いが、キーボードを押した時に指先のフィードバックがないのはイマイチだ。「Touch Bar」もボタンを押したような感触を再現することができていればもう少し評価されていただろう。

今回のコンセプトはキーボード全体の下に大型「Taptic Engine」を内蔵。「Touch Bar」はもちろんのこと、キーボードやトラックパッド部分も押したような感触を得ることができそうだ。
What if MacBook Keyboard was Completely Touch

過去にAppleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長であるPhil Schiller氏がOSとmacOSを統合させる予定も無ければ二刀流デバイスを発表する予定も無いと断言していることからこのコンセプトが実現することは無さそうだが、以前紹介したiPadとMacBookを融合した「Apple Book」のコンセプトムービーよりはまともかな。

Apple新学期を始めようキャンペーン