iPadとMacBook ProとiMacが1つになった「MacPad Pro」というぶっ飛んだコンセプトムービーが公開

Macpad pro concept movie 3

MacとiPadが融合したら便利だという人は多い。2020年に登場することが噂されている初のARMベースMacはタッチパネル搭載のiOSが動作するデバイスとされていることから、ついにその夢が実現される日が来るかもしれない。

ConceptsiPhoneがiPadとMacBook ProiMacを1つのデバイスとして融合した「MacPad Pro」というぶっ飛んだコンセプトムービーを公開していたので、紹介する!

専用スタンドでデスクトップマシーンにもなる最強デバイス

この「MacPad Pro」はあまりにもぶっ飛んでいる。完全なベゼルレスでディスプレイを搭載し、2つ折りにすると半分のサイズのiPadになり、広げると2倍のサイズのiPadになることを想像している。

MacBook Pro」モードになっている状態を見ると、おそらく13インチ程度のディスプレイを搭載していると予想でき、広げると13インチディスプレイ2枚分の広さを持つタッチスクリーンが実現する。巨大だ。

Macpad pro concept movie 2

その巨大さを活かし、専用のスタンドに載せると「iMac」にも変身。オンスクリーンキーボードも表示されていることからこの状態でももちろんタッチ操作は可能。スタンド部分はマグネット式のようにも見えるが、外部端子を接続し、外付けGPUやストレージなど、ドッキングステーションとして使うことができたら最高に違いない。

Macpad pro concept movie 1

以下、非現実的なコンセプトムービーではあるが、娯楽としてご覧あれ!

個人的には画面が汚くなるのでMacにタッチパネル搭載なんて考えられない、と思っていたが、iPhoneやiPadがあって当たり前の世代にとって、タッチ操作ができないコンピューターとは一体どのように目に映るのだろう。

Tim Cook氏自ら「ユーザーはMacとiPadの融合を求めていない」と否定していることは度々報じられているが、本格的な作業に限ってタッチ操作ができないのはおかしい、と感じる時代になっても不思議ではない。

あわせて読みたい