12.9インチのエッジ・トゥ・エッジディスプレイを搭載した「iPad Pro」のコンセプトイメージが公開!

iPad Pro

今年、iPadシリーズにより大型なディスプレイを搭載したモデルが発表されると噂されていたが、Digitimesによると、人員不足などにより一旦棚上げと状態になってしまったようだ。

ただ、いつも通り大型ディスプレイを搭載したiPadを想像するのは自由。12.9インチのエッジ・トゥ・エッジディスプレイを搭載した「iPad Pro」のコンセプトイメージが公開されていたので、紹介する!

筐体の端から端までがディスプレイになっている「iPad Pro

12.9インチディスプレイを搭載した「iPad Pro」は「Touch ID」に対応することをイメージ。
iPad Pro

最大の特徴はエッジ・トゥ・エッジディスプレイ。ベゼル部分が極端に薄く、筐体の前面はほとんどディスプレイで覆われている。
iPad Pro

13インチの「MacBook Air」と比べると、一回り小さい。
iPad Pro

iPad Pro

iPad Air」や「iPad mini」と重ねてみるとその大きさは一目瞭然。
iPad Pro

個人的に欲しいとは思わないが、Macには満たないが現行モデルよりも大型化して高性能化したiPadは少し興味あるなあ…。

(via 9To5Mac