次期「iPad Air」の写真が多数リーク?!「Touch ID」搭載、ミュートボタン非搭載

新型IPad Airの写真 【img via Nowhereelse.fr

昨日、次期「iPad Air」の詳細スペックとされる情報が明らかになった。それによるとゴールドモデルがカラーバリエーションに加わり、「Touch ID」に対応するという以前から報じられている内容に加え、薄型化に伴いミュートボタンが無くなるなど一部デザインが変更されると伝えられていた。


それらの情報は事実かもしれない!本日、Nowhereelse.fr次期「iPad Air」と思われる写真が多数公開されていたので、紹介する!

本体の厚さはたったの7mm!まだ完成品ではない模様

10月16日に開催が予想されているスペシャルイベントで発表されるであろう次期「iPad Air。「iPad Air」の現行モデルと並べて比較してみると丸みが少し減り、多少角ばったデザインになっている。
新型IPad Airの写真 【img via Nowhereelse.fr

ただし、背面にあるはずの各種標示が記載されていないことから、今回リーク写真に写っているモデルはまだ完成品ではない模様。電源も入らなため、恐らくモックアップであると思われる。
新型IPad Airの写真 【img via Nowhereelse.fr

小さいようで大きいデザイン変更点としてはミュートボタンがなくなったということ。下記写真を見ると確かに音量ボタンの上にあるはずのスイッチがないことに気づく。これは薄型化に伴い必要な犠牲だったと伝えられている。
新型IPad Airの写真 【img via Nowhereelse.fr

音量ボタン側を別の角度から。本体の厚さはたったの7mm。「iPhone 6」が6.9mm、「iPhone 6 Plus」が7.1mmであることを考えるとどれほど薄いかがよく分かるのではないだろうか。
新型IPad Airの写真 【img via Nowhereelse.fr

スピーカーグリルもやはり1列になったようだ。個人的にはこのデザインの方がシンプルで好き!
新型IPad Airの写真 【img via Nowhereelse.fr

次期モデルが噂され始めた最初の頃から言われ続けてきた通り、次期「iPad Air」は「Touch ID」に対応しているようだ。
新型IPad Airの写真 【img via Nowhereelse.fr

次期「iPad Air」の内部仕様に関する詳細は明らかになっていないが、「A8」チップを搭載し、メモリ(RAM)は2GBになると言われている。増設されたRAMを活かして画面分割マルチタスク機能が利用できるようになることも期待されている。

(via 9To5MacNowhereelse.fr

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!