「iPhone X」のデザインを踏襲した「iPad X」のコンセプトイメージ

Ipad x martin hajek concept image

Appleは2018年9月に「Face ID」対応の新型「iPad Pro」を発表すると噂されている。「Face ID」に対応するということは「Touch ID」は必然的に非対応ということになり、ホームボタンはなくなる可能性が高い。

iPhoneとiPadのデザインは概ね同じデザインであると考えると、新型iPadも「iPhone X」のデザインを踏襲すると考えられる。

縦並びのデュアルレンズカメラ画面上部を切り抜くセンサーハウジングが搭載された「iPad X」、そして同時に登場する新しい「Apple Pencil」のコンセプトイメージを、毎度お馴染みMartin Hajek氏が公開していたので、紹介する!

iPhone X のiPad版」と呼ぶに相応しいデザイン

「iPad X」は「iPhone X」の基本的なデザインを踏襲している。ステンレススチールフレームを採用し、四隅は丸みを帯びたデザインになっている。
Ipad x martin hajek concept image

もちろん、「iPhone X」の特徴と言えば画面上部の切り抜き。「iPad X」でもその要素は健在。ただし、想像ではより大きいディスプレイではiPhoneほど気にならないのではないかと思う。
ipad x martin hajek concept images

バックパネルはガラス製。ワイヤレス充電搭載するとしたら、「iPhone X」よりも遥かに大きい充電コイルを用意しなければならないと思うが、いずれ実現されるのだろうか。
ipad x martin hajek concept images

同時に発表されると噂のあ「Apple Pencil」はステンレススチール製のキャップに黒いボディを採用。個人的には従来の純白デザインの方が好みだ。
Ipad x martin hajek concept image 2

iPadのベゼルレス化はありがたいが、「Face ID」において乗り越えなければならないハードルも存在する。

「iPhone X」のレビュー記事にも書いた通り、非常に限られた位置や角度でなければ認証ができないという、致命的な欠点である。さらに、登録できる顔は1人までという制限もあり、複数人で使う場合は不便。

名称が「iPad X」になるかどうかは不明だが、「Face ID」が搭載された新型iPadが登場するのは来年以降。それまでに「Face ID」が進化してくれていることを期待したい。

上記以外にも「iPad X」のコンセプトイメージが多数公開されているので、見たい人は下記からどうぞ!

FOLLOW / 最新情報を購読