切り欠き(ノッチ)が小さくなった次期「iPhone X」のコンセプトイメージ

IPhone XI Concept Images iDrop News 7

2019年のiPhoneは画面の切り欠き(ノッチ)が小型化されると噂されている。

iDropNewsがその噂を反映した、切り欠き(ノッチ)が小さくなった「iPhone XI」(アイフォーン・イレブン)のコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

ディスプレイ周りのベゼルがさらに細く、薄く

ノッチが小型化すれば、実際に表示される画面サイズが大きくなることは当然のこと、ノッチの左右にあるステータスバーとして確保できるスペースがより多く用意されるため、多くの人が不便に感じている電池残量の表示が復活するかもしれない。

さらに、ベゼルが現行モデルよりも細く、薄くなり、背面のカメラが突起しなくなることを想像。いずれも実現したらありがたいが、個人的にはカメラの突起は数年後も健在ではないかと予想している。

IPhone XI Concept Images iDrop News 4

2018年のiPhoneはLTEがさらに高速化され、デュアルSIMに対応するという噂もり、デュアルSIMトレイを用意している画像も用意されている。

ただし、これは見た目の都合から実現するとは考えづらい。また、新たに本体内部にアクセスできる物理的な穴を用意することによって防水性能を低下させる可能性もあり、デュアルSIMに対応するのであれば別の形になるのではないかと考えられる。

他にもコンセプトイメージは多数公開されているので、見たい人はこちらからどうぞ

Apple新学期を始めようキャンペーン