2019年のiPhone、画面の切り欠き(ノッチ)を小型化か

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

iPhone X」の特徴と言えば、良くも悪くも画面上部にある切り欠き、通称「ノッチ」だ。

韓国メディアETNewsによると、Appleは2019年以降のiPhoneに対して内向きカメラと「Face ID」を統合することによって省スペース化を実現し、現行モデルと比較して切り欠きが小さくなる可能性がある、と報じている!

「内向きカメラとFace IDの統合」とは

内向きカメラと「Face ID」を統合する、と言われてピンとこない人も多いのではないだろうか。「何を言ってるんだ、内向きカメラがあるからFace IDが実現できているのではないか」と。

ここで、Appleが発表した「Face ID」に関する公式情報をチェックしてみよう!「iPhone X」は従来の「FaceTimeカメラ」から「TrueDepthカメラ」に進化し、その中には内向きカメラの他に赤外線カメラやドットプロジェクタ、投光ルミネータなど「Face ID」を可能にする新しいカメラやセンサーが統合されている。

TrueDepth Camera 2

今回報じられているのは、カメラモジュールと顔認識モジュールの統合。すなわち、上記にある「内向きカメラ」と「赤外線カメラ・ドットプロジェクタ・投光ルミネータ」が1つにまとまるという見方もできるが、詳細については明らかにされていないため、「内向きカメラ」と「赤外線カメラ」が合体する、という可能性もある。

いずれにせよ、TrueDepthカメラ内にある一部パーツがまとまり、今より切り欠きが小さくなることが期待される。小さくなれば左右のステータスバーに確保できる画面領域が増え、多くの人が困っている「iPhone X」の電池残量が常時表示できない問題が解決されるかもしれない。

実際に日頃「iPhone X」を使っていて切り欠きが邪魔になるようなシーンは非常に稀で、やはり最も気になるのは動画を全画面で視聴する時。ただし、「iPhone X」の縦横比に最適化された動画は少なく、拡大すると上下も切れてしまうため、結局切り欠きに影響を受けない表示で見ていることが多く、困っていない。

全画面ディスプレイに近づけば近づくほど没入感が高まることが期待されるが、そのような変化が見られるiPhoneは来年以降になりそうだ。


(via MacRumors

Apple新学期を始めようキャンペーン