2019年のiPhone、外向きTrueDepthカメラは採用せず

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

Ming-Chi Kuo氏によると、2019年に発表されるiPhoneの外向きカメラにはTrueDepthカメラは搭載されないと予想している。

TrueDepthカメラは「iPhone X」の内向きカメラに搭載されているユーザーの顔の形状を読み取るために目に見えない光を約30,000点近くiPhoneから発し(ドットプロジェクタ)、その発された光の点を赤外線センサー(赤外線カメラ)で読み取る仕組み。

2019年のiPhoneに搭載されない理由

過去には2019年のiPhoneはトリプルレンズカメラ搭載し、3Dセンシングと改良されたズーム機能に対応するなどの噂が報じられていたが、少なくとも来年のiPhoneでは実現されないようだ。

Kuo氏が2019年のiPhoneにTrueDepthカメラが搭載されない理由として、2つ挙げている。

1つは、ポートレートモードを実現するために採用しているデュアルレンズカメラのマッピング機能はユーザーが満足できる結果を実現できているということ。

もう1つは、外向きカメラで取得した距離や奥行きなどの情報を活用したAR体験などを提供する準備ができていないと説明している。Kuo氏によると、Appleは将来的にAR機能用にマッピングデータベースを強化しているとのこと。

AppleはARメガネを2020年までに発表すると噂されている。

AppleのARメガネに関する情報

(via 9to5Mac