2019年のiPhone、Lightningを捨てUSB-Cポートを採用か

Thom 161 unsplash iphone lightning port

Appleは、2019年に発表するiPhoneシリーズにUSB-Cポートを搭載する可能性があるDigitimesが報じている。一部では2018年のiPhoneもUSB-Cを採用すると報じられているが、現時点では設計段階にあり、今年発売の新モデルには間に合わないと指摘している。

Lightningを捨て、USB-Cに切り替えるメリットはあるのか

すでに「MacBook」や「MacBook Pro」ではUSB-Cポートを採用しているが、iPhoneやiPad、iPod TouchなどのiOSデバイスでは相変わらずLightningポートのまま。

これらが統一されるのがベストではあるが、Lightningの方がUSB-CよりもコンパクトであることやAppleが独占的にコントロールできる端末であることを考えると、あえてLightningを捨ててUSB-Cに乗り換えるかどうかは甚だ疑問である。

2018年のiPhoneはUSB-C PD対応のUSB-C電源アダプタが同梱されると噂されている。高速充電仕様に対応した電源アダプタが標準でパッケージに含まれ、同梱されるケーブルもUSB-C – Lightningケーブルになると見られている。

今回の情報の信憑性は定かではないが、30ピンコネクタが廃止されたように、いつかはLightningが無くなる日が来ることを覚悟しておく必要がありそうだ。

あわせて読みたい