2019年のiPhone、2018年と同じ3モデル展開か

Kuo2019iphonelineup 800x468
【image via MacRumors

2019年のiPhoneは2018年モデルと同様に5.8インチ・6.1インチ・6.5インチモデルの3モデル展開になると、著名アナリストMing-Chi Kuo氏が伝えている。5.8インチと6.5インチは有機ELモデル、6.1インチは液晶モデルという構成には変わりないという。

WSJは今年6月時点でAppleが2019年も液晶モデルをiPhoneラインアップに残す方針であると伝えていたが、「iPhone XR」の後継モデルとして液晶モデルは来年も残るようだ。

2019年はノッチの小型化、TrueDepthカメラの進化が噂

Kuo氏は2019年のiPhoneの防水性能は「iPhone XS/XS Max」と同じになると伝えているが、これは「iPhone XR」の後継機種の防水性能が向上するということなのか、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継モデルのことを言っているのかは分かっていない。

同氏は2019年のiPhoneも画面内蔵型「Touch ID」は実装されないと予想し、引き続き「Face ID」が搭載されると考えられる。

一部ではトリプルレンズカメラを採用するという噂や3Dセンシングと改良されたズーム機能に対応するという噂もあるが、Kuo氏は外向きTrueDepthカメラは採用しないと予想しているようだ。

また、画面上部の切り欠き(ノッチ)が小型化されるという噂もあるが、ベゼルレス・デザインの完成形に近づくと期待されるが、真偽は不明。

Kuo氏は2017年12月時点で来年は進化したTrueDepthカメラを搭載すると予想しているが、その進化した技術を支えるバッテリーが課題だと指摘していた。

(via MacRumors