2019年のiPhoneはトリプルレンズカメラ搭載、3Dセンシングと改良されたズーム機能に対応か

Iphone 3 lens camera concept images idrop news x martin hajek 7

やはり来年のiPhoneは3つめのレンズが背面に用意されるのか?!

ドイツ証券のアナリストJialin Lu氏によると、Appleは2019年にやはりトリプルレンズカメラを搭載した新型iPhoneを発表する經濟日報が報じている。

3つめのレンズで立体視による3Dセンシング機能に対応か

外向きカメラの3Dセンシング機能は、内向きカメラと同様にAR関連機能に使われると予想されている。

2017年11月時点ですでに外向きカメラの3Dセンシング機能対応する計画がBloombergが報じていたが、その測定方法に関しては以下のようになると予想されていた。

iPhoneから光を被写体に噴射する仕組みは同じだが、その光が被写体から跳ね返りiPhoneまで到達するまでの時間を計測し、3Dイメージを作り出す仕組み。

Lu氏は上記方法とは異なり、3つめのレンズを搭載することによって実現するとのこと。

トリプルレンズカメラを搭載することによって立体視による3Dセンシング機能に対応すると予想。2つのセンサーを利用して、異なる角度から撮影し、三角測量によってiPhoneと被写体の距離を測定するという。

また、同氏はトリプルレンズカメラの搭載によってAR機能だけではなく、ズーム機能も改良されると説明。既にトリプルレンズカメラを採用しているHuaweiの「P20 Pro」は光学3倍ズームに対応している。

トリプルレンズカメラ搭載については、Yuanta証券のアナリストJeff Pu氏が2019年に少なくとも1機種登場すると予想していた。

(via MacRumors