2019年の新型iPhoneはトリプルレンズ搭載かーー「iPhone XI」のレンダリング画像が初公開

Iphone xi leak 2

2019年に発表される新型iPhone「iPhone XI」のレンダリング画像Digit.inが公開している。

これらはOnleaks氏の情報をもとに制作され、特徴は背面にある3つのレンズ。「iPhone X」および「iPhone XS/XS Max」は縦並びのデュアルレンズカメラを搭載していたが、2019年モデルはカメラの突起部分を拡大し、縦並びのデュアルカメラの右側に3つ目のカメラレンズを追加すると伝えている。

まだ技術検証テスト(EVT) 段階であり、変更の可能性あり

レンダリング画像を見る限りでは、3つ目のレンズは2つの縦並びデュアルレンズと同じ距離にあり、その上にLEDライトが配置されている。LEDライトと最上部に配置されているレンズ(従来機の上側に位置するレンズ)と水平でではない点に違和感を感じる。

Iphone xi triple camera lens

OnLeaks氏によると、まだこのデザインは技術検証テスト(EVT) 段階であり、9月に発表されるまでに変更される可能性があるとのこと。

このレンダリング画像について、リーカーのIce universe氏も「残念ながら事実である」とツイート。ただし、同氏は次期「AirPods」について昨年末に「年内登場は確実」と自信満々に断言しておきながら見事外しているため、説得力はない。

2019年の新型iPhoneは2018年と同様に3モデル展開になり、今回のレンダリング画像はハイエンドモデル用だと見られているが、5.8インチモデルか6.5インチモデルなのかは分かっていないという。

次期iPhoneがトリプルレンズカメラを搭載するという噂が報じられたのは今回が初めてではない。経済日報は昨年4月時点、ドイツ証券のアナリストJialin Lu氏Yuanta証券のアナリストJeff Pu氏は昨年5月時点でカメラレンズが追加されると伝えていた。

Ben Geskin氏も2019年に登場する「iPhone XS Max」の後継モデルはf1.6のトリプルレンズを搭載し、6枚羽根から7枚羽根のレンズになるとのこと。

3つ目のレンズを搭載することにより3Dセンシングや改良されたズーム機能に対応することが期待されている。カメラとしての性能が大幅に向上することは喜ばしいことではあるものの、見た目としてはなかなか刺激的なデザインであり、賛否両論が起きそうだ。

あわせて読みたい