2019年の新型iPhoneはカメラが中心に移動しデュアルレンズが横並びに?!また新たなレンダリング画像が公開

Iphone 11 2019 dual camera design

2019年に発表される新型iPhone「iPhone XI」の新しいレンダリング画像CompareRajaが公開している。

OnLeaks氏ことSteve Hemmerstoffer氏からの情報をもとに制作されたものとなっていて、特徴はカメラの位置と向き。従来はAppleロゴに対して左上に配置されていたが、最新のレンダリング画像によると、カメラはAppleロゴの真上に配置され、デュアルレンズが縦並びではなく横並びになっている。

画面上部のノッチも小型化、ベゼルも薄型化される模様

カメラ部分は従来のLEDフラッシュとは異なるリング状のデザインのものが中央に配置され、その真下にはマイクが配置されている。画像を見る限りでは、やはりカメラは突起すると見られる。

画面側ではノッチの小型化も予想され、肉眼では確認できないものの画面のベゼルもわずかに薄型化する見通しであるとのこと。

Iphone 11 2019 dual camera design 1

今回公開されたレンダリング画像は以前、Digit.inが公開していた3つのカメラレンズを搭載したものと同様にプロトタイプの1つであり、まだ技術検証テスト(EVT) 段階であると説明。Appleが複数のプロトタイプを用意していることはよくあることであり、最終的に採用されるものもあればどれも採用されない可能性もある。

ただし、次期iPhoneは「iPhone XS Max」の後継モデルのみトリプルレンズカメラを搭載するという可能性もあり、以前登場したプロトタイプは6.5インチモデル、今回登場したプロトタイプは5.8インチモデルであることも考えられる。