次期iPhone、Maxモデルのみトリプルレンズカメラを搭載か

New iphone 11 lineup
【image via @VenyaGeskin1

2019年に発表される新型iPhoneは3モデル展開になり、全モデルがデュアルレンズカメラを搭載するとWSJが報じている。

つまり、「iPhone XR」の後継モデルとなる新型iPhoneはシングルレンズではなくデュアルレンズになり、「iPhone XS」の後継モデルと同等のカメラ性能を持つ可能性がある。

ただ、それだけではない。先日トリプルレンズカメラを搭載した「iPhone XI」のレンダリング画像が公開されていたが、3つ目のレンズを搭載するのは「iPhone XS Max」の後継モデルのみとなる可能性が浮上した!

iPhone XS」の後継モデルは引き続きデュアルレンズか

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の違いは画面サイズと電池持ちのみ。実質的には全く同じ端末と言っても過言ではない。

その状況は2019年で変わりそうだ。トリプルレンズカメラを搭載するのはMaxモデルのみとなると、iPhoneで本気の写真を撮りたい人は一番大きい、一番高いiPhoneを購入する必要がある

となるとよく分からなくなるのは「iPhone XS」と「iPhone XR」の後継モデルだ。どちらも同じデュアルレンズカメラを搭載するとしたら、その違いはディスプレイと「3D Touch」の有無ぐらいだろうか。

仮に2019年の新型iPhoneは「iPhone XS Max」をメジャーアップデートモデルとして位置づけ、「iPhone XS」および「iPhone XR」を比較的マイナーなアップデートに留めるとした場合、「iPhone XS」を買う人はディスプレイと「3D Touch」にこだわる人「iPhone XR」を買う人はカラバリと抑えられた価格を優先する人、という棲み分け方になるかもしれない。

2019年の新型iPhoneはすでに大きな仕様変更ができない開発ステータスにいるとのこと。今年はトリプルレンズカメラの6.5インチモデル、デュアルレンズカメラの5.8インチモデルと6.1インチモデルという構成になるかもしれない。

なお、Appleは2020年までにiPhoneにおいて液晶ディスプレイの採用をやめ、有機ELに完全移行すると伝えている。