次期iPhone、有機ELディスプレイ搭載モデルが2種類登場か

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2018年に有機ELディスプレイとステンレススチールフレームを搭載したモデルを2種類発表する、と伝えている。

特にステンレススチールフレームに関してはデータ伝送品質を向上させるための改良を行うとのこと。現状、4種類のパーツを組み合わせて作られているが、来年以降はより多くのパーツが使われる可能性があるという。

結果的に外観のデザインも一部変更されると予想され、来年のiPhoneは従来の「s」系モデルのように内部スペックのみの変更ではなく、一部デザインの変更も行われる可能性がある。

5.5インチモデルと同じ筐体サイズのモデル、登場か

最新のiPhoneラインアップは4.7インチ型「iPhone 8」と5.5インチ型「iPhone 8 Plus」に加え、新たに登場した5.8インチ型「iPhone X」がある。来年、有機ELディスプレイ搭載モデルを2種類投入するのであれば、iPhone X」の「Plus」モデルが登場しても不思議ではない。

実際、The Investorは来年は5.85インチと6.46インチモデルが登場すると伝えている。また、有機ELディスプレイモデルとは別に、6インチ以上の液晶ディスプレイモデルが登場するという情報もある。

全モデル「Face ID」を採用し、「Touch ID」は廃止すると伝えられていることから、ホームボタン付きiPhoneが最新モデルで販売されるのは今年で最後になるかもしれない。

Kuo氏は2018年のiPhoneは外向きTrueDepthカメラは搭載しないと伝えていた。

(via 9to5Mac

関連記事