2018年のiPhone、6インチ以上の液晶ディスプレイモデルが登場か?!

IOS 11 on iPhone7 Concept image 1

2018年のiPhoneは有機ELディスプレイを搭載した5.85インチと6.46インチモデルが登場すると噂されている。当初は5.85インチの代わりに5.28インチを検討していたという噂もあったが、大型ディスプレイに対する需要や全面ディスプレイに関する技術的な進歩により、より大きいディスプレイに変更したとされている。

The Investorによると、これらの有機ELディスプレイモデルに加えて、6インチ以上の液晶ディスプレイモデルが登場する可能性があると伝えている。

つまり、2018年のiPhoneは5.85インチと6.46インチの有機ELディスプレイモデルと6インチの液晶ディスプレイモデルという3モデル展開になることを示唆している。

来年以降のiPhoneラインアップを予想

2017年は、液晶ディスプレイを搭載した4.7インチ型の「iPhone 8」と5.5インチ型の「iPhone 8 Plus」、そして有機ELディスプレイを搭載した5.8インチ型「iPhone X」。2018年以降のiPhoneはどのようなラインアップになるのだろうか。

iPhone X」というネーミングになった以上、Appleは今後「iPhone X」をスタート地点としてこの先10年間の新しいスマートフォンを展開すると予想している。このことから、「iPhone 8/8 Plus」の後継機種はいわば廉価版として位置付けられ、2モデル展開ではなく1モデルに絞る可能性は十分ある。

このことから、来年以降は「iPhone X」の後継モデルとして5.85インチモデル、「iPhone X」のPlusモデルとしてさらに大きいディスプレイを搭載した6.46インチモデルが用意されると予想。「iPhone 8 Plus」のボディサイズでベゼルレスにすればいいので、実現可能性は十分ある。

一方、液晶ディスプレイを搭載した6インチモデルは「iPhone 8 Plus」の後継モデルという位置付けになると考えられるが、あえて異なるディスプレイサイズを搭載しているモデルを用意することには疑問が残る。

それにしても来年のiPhoneはどのようなネーミングになるのだろうか。「iPhone X」が登場してしまった以上、全く予想がつかない。

(via MacRumors