2018年発表の「iPhone 9」、5.28インチと6.46インチの2モデル展開か

Iphone 8 concept design 1

2018年に発表発売される「iPhone 9」は5.25インチと6.46インチの2モデル展開となり、いずれも有機ELディスプレイを搭載するとThe Investorが報じている。

有機ELディスプレイの供給元であるSamsungは供給台数が今年の倍以上になり、1億8000万台になると予想されている。今年4月にAppleはSamsungと有機ELディスプレイの供給で2年契約を締結したと伝えられていた。

4.7インチが5.28インチに、5.5インチが6.46インチに?

Appleは2017年、5.8インチ型ディスプレイを搭載した「iPhone 8」、4.7インチ型「iPhone 7s」、5.5インチ型「iPhone 7s Plus」の3モデルを発表すると予想されている。

今年3モデル展開になり、来年はまた2モデル展開になるのだろうか。それとも来年も引き続き5.8インチモデルが提供され、5.28インチ・5.8インチ・6.46インチという3モデル展開になるのだろうか。

2017年は5.8インチモデルのみホームボタンが廃止されると予想されているが、仮に2018年は3モデルともホームボタンが廃止された場合、4.7インチモデルが5.28インチに、5.5インチモデルが6.46インチになる、ということなのかもしれない。

まだ「iPhone 8」さえも発表されていない今、「iPhone 9」のことはいくらでも変わる可能性がある。5.28インチと6.46インチのiPhoneが登場するという噂はあくまでも話半分で聞いておくことをオススメする。

(via 9To5Mac

Apple新学期を始めようキャンペーン