「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」、強化ガラスの筐体にアルミ製フレームを採用か

IDrop News Exclusive iPhone 8 Image 10

5.8インチ型「iPhone 8はガラス製の筐体の金属製フレームを採用すると噂されているが、4.7インチ型「iPhone 7s」および5.5インチ型「iPhone 7s Plus」は強化ガラスとアルミ製フレームを採用した筐体になるとDigitimesが報じている。

Samsung Displayは「iPhone 8」用の有機ELディスプレイパネルを8,000万台供給する予定。

iPhone 8」は下半期で5,000万〜5,500万台出荷すると予想されている。また、「iPhone 7s」および「iPhone 7s Plus」は下半期で合計2,500万〜3,000万台を販売する見通しとなっている。

ただし、現時点における上流サプライチェーンの動きから「iPhone 8」の量産は9月半ば以前に開始される可能生は低く、第3四半期における出荷台数は300万台程度になると伝えられている。9月中に発売開始されるという噂もあるが、この情報が事実だとした場合、「iPhone 8」は極めて入手することが難しいデバイスになる可能性が高い

Apple新学期を始めようキャンペーン