Apple、iPhone用にディスプレイパネル2億7,000万台を調達か

Appleは、2018年に新発売される次期iPhone用として、合計2億5000万〜2億7000万台ものディスプレイパネルを調達すると予想されている。

Digitimesによると、そのうち1億1000万〜1億3000万台は有機ELディスプレイパネルとなり、そのうち7,000万〜8,000万台は「iPhone X」および「iPhone X」の後継モデル用、残りの4,000万〜5,000万台は新たに登場予定の6.5インチモデル用だという。

また、6.1インチ用とされる液晶ディスプレイパネルは6,000万〜7,000万台、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone SE」用とされる4インチ・4.7インチ・5.5インチ用の液晶ディスプレイパネルは6,000万〜7,000万台を調達する見通し。

IHS Markitによると、引き続きSamsung Displayが有機ELディスプレイパネルの主要サプライヤーになる見通し。LG Displayも第2のサプライヤーとして加わり、6.5インチ型有機ELディスプレイパネルを請け負うと見られている。

液晶ディスプレイパネルはジャパンディスプレイ、Sharp、LG Displayの3社が主要サプライヤーとして提供するとのこと。