2018年のiPhone、新しいアンテナデザインを採用し、LTE通信速度を高速化か

Kuo Antenna System iPhone2018

2018年のiPhoneは、液晶ポリマー(LCP:Liquid Crystal Polymer)を使用したアンテナモジュールを採用し、LTE通信速度が高速化される、とKGI証券のMing-Chi Kuo氏が伝えている。

同氏によると、次期iPhoneは「iPhone X」と同様に最低でも2つの液晶ポリマー製アンテナモジュールを内蔵するが、「4×4 MIMO」に対応するとのこと。

先週、Kuo氏は来年のiPhoneがIntel製の「XMM 7560」またはQualcomm製の「Snapdragon X20」モデムチップを採用し、現行モデルよりもさらに高速化されたLTE通信を実現する、と伝えていた。

2018年のiPhoneは有機ELディスプレイを採用した5.8インチモデルおよび6.5インチモデル、さらに液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデルが登場すると噂されている。

(via MacRumors

FOLLOW / 最新情報を購読