6.5インチ型「iPhone X Plus」、2018年に登場か?!6.1インチの液晶モデルも

Kgi three iphones 2018

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、Appleは有機ELディスプレイを採用した5.8インチモデルおよび6.5インチモデル、さらに液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデルを2018年に発表する、と伝えている。

これは過去にThe Investorが報じていた情報と一致している。

Kuo氏によると、いずれのモデルも全画面ディスプレイを採用し、ホームボタンを廃止。画面上部のセンサーハウジングを備え、「iPhone X」のようにTrueDepthカメラを搭載すると予想している。

過去にはWSJも2018年のiPhoneは全モデルがベゼルレスになる可能性を指摘していた。

液晶モデルは「iPhone 8」よりも低い価格帯に設定か

5.8インチモデルに搭載されるディスプレイのピクセル密度は458ppiになると予想され、「iPhone X」の後継モデルになると考えられる。解像度は、引き続き4.7インチモデルを縦長に伸ばした1,125 x 2,436になる可能性が高い。

一方、6.5インチモデルは480〜500ppiと予想され、「iPhone X」よりもさらに高解像度に。「iPhone 8 Plus」の方が「iPhone 8」よりも高解像度であることを考えると妥当だ。

液晶ディスプレイ搭載モデルは320〜330ppiになる模様。

Appleは「iPhone X」を「スマホの未来」として発表した。要は次の10年に登場するiPhoneは「iPhone X」を基本として進化していくと考えられ、必然的に2018年のiPhoneからはホームボタンが廃止される。

「iPhone X」の次期モデル、および「iPhone X Plus」は「iPhone X」の基本を踏襲。機能や仕様はもちろんのこと、来年以降も非常に高価なモデルとして登場すると予想される。

液晶モデルは有機ELモデルと比べ、ハードウェアやデザインに大きな差がある、とKuo氏は説明。ディスプレイの違いはもちろんのこと、コストを抑えるために「iPhone 8/8 Plus」と同様、フレームはアルミ製になるのかもしれない。

また、価格も649〜749ドルになると予想し、「iPhone 8」(699ドル〜)と「iPhone 8 Plus」(799ドル)よりも少し安い価格帯になると予想されている。

ディスプレイが大きくなった「iPhone X」が登場した今でも「iPhone X Plus」の需要はあるはず。「iPhone X」はあくまでも「4.7インチモデルを縦に伸ばしたベゼルレスiPhone」であり、5.5インチモデルのUIを引き継ぐベゼルレスモデルが必要だ。

「iPhone X Plus」は「iPhone X」にはない独自機能は用意されるのだろうか。そして、Appleはホームボタン搭載モデルを完全に廃止する気だが、「Face ID」は「Touch ID」と比較しても使い勝手は及ばず、有名YouTuberも「iPhone 8」に戻すことを決断。

まだ1年後のことではあるが、個人的には期待と不安が半々ぐらいだ。

FOLLOW / 最新情報を購読