Apple、6.5インチ型「iPhone X Plus」が最も売れると予測か

new iphones for 2018

サプライチェーンからの情報によると、2018年に登場する新型iPhone3機種のうち、Appleは6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X Plus」(仮称)が最も売れると予測しているそうだ。

韓国メディア「The Bell」によると、Appleはどのモデルよりも6.46インチ型有機ELディスプレイパネルを最も多く注文したとされ、その数は4,500万枚と予想。

5.8インチ有機ELモデル用のパネルは2,500万枚、6.04インチ液晶モデル用のパネルは3,000万枚発注したと推定している。

PlusサイズのiPhoneユーザーにとっては待望のベゼルレス

これらの情報の信憑性は不明。今後計画が変更される可能性はあるが、現状PlusサイズのiPhoneを持っている人にとってサイズがほぼ変わらずベゼルレスになる機種の登場は買い替え欲が掻き立てられるはず。

最新の情報では、Intelが次期iPhone用のモデムチップを生産開始したと報じられていた。また、新型iPhoneの液晶モデルのみ、11月に遅れて発売されるという噂もあったが、Ming-Chi Kuo氏は2018年のiPhoneは全モデル9月に発表されると伝えていた。

次期iPhoneのディスプレイサイズに関する情報は、Macお宝鑑定団Blogが紹介した3Dモックアップの寸法データに近い。6.5インチと噂されていた有機ELモデルは6.4インチ、6.1インチと噂されていた液晶モデルは6.0インチになると紹介されていた。

(via 9to5Mac

関連記事