「iPhone SE2」の計画は廃止か

Olixar leak Screen Protectors

以前から度々報じられていた「iPhone SE2」こと「iPhone SE」のベゼルレスディスプレイモデルだが、ForbesがケースメーカーOlixarからの情報として、Appleは「iPhone SE2」の計画は廃止したと伝えている。

来年以降どうなるか分からないが、少なくとも2018年はそのようなモデルは登場しないと見られる。

iPhone X Plus」は「iPhone X の画面が大きくなっただけのモデル」か

2018年に登場するiPhoneはこれまで噂されている通り、「iPhone X」の後継モデル、「iPhone X Plus」と呼ばれている6.5インチ有機ELモデル、そして液晶ディスプレイを搭載した6.1インチモデルの3種類になる見通し。本体サイズは下記の通り:

  • 6.1インチ液晶モデル – 147.12 x 71.52mm
  • 5.8インチ有機ELモデル(iPhone X」の後継モデル) – 143.6 x 70.9mm
  • 6.5インチ有機ELモデル(iPhone X Plus) – 157.2 x 77.1mm

別の情報として、Macお宝鑑定団Blogは2018年に登場するとされる次期iPhoneの3Dモックアップを写真と動画で公開している。

5.8インチ有機ELモデルは「iPhone X」と同じ

5.8インチ有機ELモデルは「iPhone X」と同じサイズとなっていて、外向きカメラの位置が若干ズレているものの、現行のケースも使用できるとのこと。

サイズは高さ143.65mm、幅72.03mm、厚さ7.69mmだと推定されるという。

6.4インチ有機ELモデル?スピーカーグリルは左右非対称?

「iPhone X Plus」はこれまで報じられている6.5インチではなく6.4インチになると説明され、サイズは高さ157.53mm、幅77.44mm、厚さ7.85mmと推定。「iPhone 8 Plus」よりも縦横が約1mm小さく、厚さが約0.35mm増していると見られている。

基本的には「iPhone X」と同じ仕様となっていて、外向きカメラの縦並びのデュアルレンズ、TrueDepthカメラも同じサイズであることが確認され、「iPhone X の画面が大きくなっただけのモデル」になる可能性が高い

興味深いことに、この3Dモックアップは「iPhone 8 Plus」のように底面のスピーカーグリルは左右対象に配置されず、まるでヘッドホン端子が復活するかのようなデザインになっているが、果たして最終的にこのデザインが採用されるかどうかは不明。

6.0インチ液晶モデルは厚さ8mm超え、デュアルSIMカードトレイには非対応?

液晶モデルは6.0インチディスプレイを搭載し、サイズは高さ150.91mm、幅75.72mm、厚さ8.47mmになると推定。非常に分厚い端末になると予想される。

SIMカードトレイの位置は他のモデルよりも低く、デュアルSIMに対応という噂もあったが3Dモックアップには物理的なSIMカードトレイは1つしかなかったとのこと。これも計画が一部変更されたのかもしれない。

外向きカメラは直径が大きくなり、カメラ性能の向上が期待される。フラッシュと背面マイクの位置も変更されている模様。

TrueDepthカメラは、「iPhone X」と比較するとセンサー用の穴が大きく取られているようだが、これが具体的に何を意味するのかは不明。

関連記事