iPhone SE2の正式名称は「iPhone 9」になる可能性

価格はiPhone 8の価格を維持するか、さらに値下げする可能性も

Matteo fusco 1giBTF3G4EE unsplash iphone 7 jetblack

2020年3月までに発表されると噂されている「iPhone SE2」だが、正式名称は「iPhone 9」になる可能性があるとMacお宝鑑定団Blogが報じている。

同端末はiPhone 8の筐体をそのまま利用し、「A13 Bionic」チップを内蔵するものの、現行モデル同様に3D Touch」には対応しない見通し。

iPhone SE」は「iPhone 5」や「iPhone 5s」の筐体を継承したデザインとなっていたが、これまで噂されている「iPhone SE2」はiPhone 8とほぼ同じ外観になるのであれば、かえって「iPhone SE」という文字列が入っていることによって混乱を招く可能性がある。

iPhone 8の外観でありながら現行のiPhoneと同じ内部仕様にアップデートすると考えると、「iPhone 9」と言うネーミングの方が分かりやすく、想像しやすいと感じる。

なお、「iPhone 9」の価格についてはiPhone 8の価格を維持するか、さらに値下げされる可能性もあるとのこと。iPhone 8は52,800円から販売され、ここ最近のiPhoneでは考えられないほど安い4万円台で販売される可能性もありそうだ。

iPhone 7以前のiPhoneを使っていて、引き続きホームボタンのあるiPhoneを使いたいという人は、数ヶ月待って「iPhone 9」の正式発表に期待するのも手かもしれない。

関連情報
更新日2020年04月28日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. んちまみ

    性能はアップだけどスペックダウン…て、不思議な立ち位置( ´Д`)y━・~~
    5サイズでもないしこれで見た目安っぽければ製品間連携させなければOnbroid(オンボロイド)みたいな存在かも…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索