iPhone SE2とされるこの端末、もしかしてiPhone 12では……?

2020年のiPhoneはiPad Pro 2018を小型化したようなデザインになるとの噂

Is this the new iphone12

SLASHLEAKSが「iPhone SE2」とされるiPhoneの写真をまとめている。

正式名称は「iPhone 9」になるとの噂がある「iPhone SE2」は「iPhone 8」の筐体を引き継ぐと見られていることから、トリプルレンズカメラを搭載した今回リークされた端末は少なくとも「iPhone SE2」ではない

ただ、これは「iPhone 12」の筐体がリークした可能性がありそうだ。

iPhone 4のような角張った筐体であるように見える

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏の9月時点におけるレポートによると、2020年の新型iPhoneのフラグシップモデルは「iPhone 4」のような外観になり、デザインが劇的に変わると予想している。

それを踏まえた上で今回SLASHLEAKSがまとめた写真の元となっている動画を見ると、「iPhone 11 Pro」のようなトリプルレンズカメラを搭載しておきながら、筐体が「iPad Pro 2018」のような角張ったデザインになっていることが確認できる。

これまでの噂によると、「iPhone 12」は合計4種類用意され、全モデル5G対応し、有機ELディスプレイを搭載するだけではなくリフレッシュレート120HzのProMotionディスプレイになると報じられている。

ミュートスイッチはかつてのiPadライクなデザインになるとの噂もあったが、今回の動画を見る限りでは現行モデルから変わらず。端末下部は確認できていないが、噂によればUSB-Cではなく、引き続きLightningポートになる見通し。

他にもノッチの小型化または廃止バッテリー容量の大型化画面内蔵型指紋センサーの搭載などが噂されている。

関連キーワード
コメントを残す(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(4件)
  1. 通りすがりの読者

    時期的にプロトタイプではないでしょうか

    1. g.O.R.i

      ですね!

  2. 通りすがりの読者

    6.1インチモデルはどうやって差別化を図るんだろう…
    ラインナップがごちゃごちゃしそう、、

  3. Apple大好きマン

    世の中に出てくるiPhoneなのかわかりませんが、
    ここ最近ない厚さのiPhoneは楽しみです。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索