iPhone 12の噂まとめ:特徴・スペック・発表日・発売日など

随時更新:iPhoneの2020年モデルについて分かっていることすべて

Iphone 11 pro and iphone 11 red

iPhone 11」シリーズが発表されたばかりだというのに、2020年の新型iPhoneに関する新しい情報が続々と舞い込んでいる。現時点における情報の精度は不確かではあるが、2020年モデルへの期待が高まる噂は次々と報じられている。

2019年に登場した「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は超広角レンズやナイトモードが追加されるなどカメラ性能が飛躍的に向上し、ネーミングも分かりやすくなった。

2020年のiPhoneはデザインも刷新されるだけではなく、ディスプレイ品質の改良カメラ性能のさらなる向上、そして待望の5G通信対応が期待され、3年ぶりとなるメジャーアップデートモデルになると噂されている。

本記事では2020年秋に発表が予想されている「iPhone 12」の特徴、スペックや仕様、発表日や発売日などの噂を中心とした最新情報をまとめたので、参考にどうぞ!

iPhone 12シリーズの特徴

現時点では2020年のiPhoneが何と呼ばれるのか分かっていないが、2019年のiPhoneが「iPhone 11」だったことから、正式発表されるまで2020年のiPhoneを「iPhone 12」シリーズとし、「iPhone 11」の後継機種は「iPhone 12」、「iPhone 11 Pro」の後継機種は「iPhone 12 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」の後継機種は「iPhone 12 Pro Max」と記載している。

それを踏まえた上で、「iPhone 12」に関して現時点で分かっていることは以下の通り:

  • デザインが刷新され、「iPhone 4」に似た角張った筐体に変更か
  • 5.8インチモデルが5.4インチモデルにサイズダウンか
  • 6.5インチモデルが6.7インチモデルにサイズアップか
  • ノッチが廃止され、より完成されたベゼルレスデザインになるか
  • 5G通信に対応か
  • 画面内蔵型「Touch ID」を搭載か
  • 全モデルすべて有機ELディスプレイを採用か
  • ディスプレイのリフレッシュレートが120Hzになるか
  • 外向きカメラが3Dセンシング可能に、4眼カメラになるか

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏による2019年9月時点におけるレポートによると、2020年のiPhoneラインアップはデザインの完全刷新、5G通信のサポート、カメラ性能の強化が特徴になると見られている。

以下に、上記の特徴についてこれまで報じられている情報をまとめる。新しい情報が入り次第、本記事を追記・修正する。

サイズ・デザイン

Brett jordan SQBHjCH71x4 unsplash iphone4

iPhone X」の登場は大きな話題となったが、「iPhone XS」や「iPhone 11」は機能は進化しているものの、基本的な見た目は大きく変わっていなかった。「iPhone 12」シリーズは3年ぶりにデザインが大幅刷新されると噂されている。

筐体デザイン

「iPhone 12 Pro」シリーズはより角張ったデザインを採用する見通し。2019年9月時点におけるMing-Chi Kuo氏の情報によると、2020年の新型iPhoneのフラグシップモデルは「iPhone 4」のような外観になり、デザインが劇的に変わると予想している。

すでに「iPad Pro 2018」はiPhoneとは異なり角張ったデザインを採用していることから、「iPhone 12」シリーズは「iPad Pro 2018」を小型化したようなデザインになるのかもしれない。

サイズ

ディスプレイの項目で後述するが、「iPhone 12」シリーズのうち、「iPhone 12 Pro」はディスプレイが小型化、「iPhone 12 Pro Max」はディスプレイサイズが大型化するとの噂があり、それに伴い、本体サイズも変更される可能性がある。

ディスプレイ

Iphone 12 pro concept image

iPhone XS/XR」シリーズ以来、液晶ディスプレイモデルは6.1インチ、有機ELディスプレイモデルは5.8インチと6.5インチというサイズだったが、「iPhone 12」シリーズでは一部サイズが変わると見られている。

ディスプレイサイズ

2019年4月に報じられたDigitimesの情報によると、Appleが2020年に発表するiPhoneはすべて有機ELディスプレイを搭載し、5.42インチモデル・6.06インチモデル・6.67インチモデルの3種類が用意されると伝えている。Ming-Chi Kuo氏も6月に同様の情報を伝えている

「iPhone 11」シリーズは、5.8インチ・6.1インチ・6.5インチモデルが用意されている。これらの情報が正しければハイエンド機種の小さいモデルはより小さく、大きい機種はより大きくなると見られる。「iPhone SE」のような片手で操作しやすい端末が欲しいと願っていた人にとって朗報かもしれない。

  • 5.8インチ(2019年) → 5.4インチ(2020年)
  • 6.1インチ(2019年) → 6.1インチ(2020年)
  • 6.5インチ(2019年) → 6.7インチ(2020年)

ノッチ

ディスプレイ側のデザインも刷新され、ノッチが廃止されるとのがある。これは2019年7月にMing-Chi Kuo氏も同様の予想を発表し、Appleは2020年には少なくとも1台は現行モデルと比べて内向きカメラ(TrueDepthカメラ)が小型化されると伝えている。

ディスプレイ素材

ディスプレイの素材は、「iPhone 12」も含めてすべてのモデルが有機ELになるとMing-Chi Kuo氏が2019年6月に伝えている。ただし、価格を抑えることProモデルとの差別化を図るため、「iPhone 12 Pro」シリーズは「iPhone 11 Pro」と同じくSuper Retina XDRディスプレイを採用し、「iPhone 12」は「iPhone XS」シリーズなどと同じSuper Retina HDディスプレイになるのではないかと予想している。

ディスプレイの新機能

著名リーカーIce universe氏の2019年7月時点における情報によると、2020年のiPhoneは120Hzリフレッシュレートをサポートすると噂されている。

同技術はすでに「iPad Pro」に採用され、「ProMotionディスプレイ」と名付けられている。以下の60Hzと120Hzを比較した動画を見ると、画面のスクロールなど各種操作やエフェクトのアニメーションが非常になめらかに表示されることが分かる。

これはSuper Retina XDRディスプレイとLiquid Retinaディスプレイの違いと同じように、見比べなければ差は分からないが見比べると差は一目瞭然、という進化になりそうだ。

カメラ

Iphone 2020 concept black

「iPhone XS」ではスマートHDR、「iPhone 11」では超広角レンズ・ナイトモード・次世代のスマートHDRなどのカメラ機能が追加されているが、「iPhone 12」シリーズのカメラ機能はさらに進化しそうだ。

ToFカメラの採用

7月30日時点におけるMing-Chi Kuo氏の情報によると、2020年に登場する新型iPhoneのうち、ToFセンサーによる3Dセンシングを可能とするカメラを搭載するモデルが2機種存在すると伝えている。

ToFカメラは、光の飛行時間を利用して三次元情報を計測することができ、離れた距離にある被写体の深度を認識できるようになると見られ、高い精度も期待される。

VCSELを使用したToFカメラは最大15mの距離まで計測可能だと言い、外向きカメラの性能が飛躍的に向上すると期待される。

「iPhone 12」シリーズのすべてのモデルに採用されるのか、「iPhone 12 Pro」シリーズに限定されるのかは分かっていないが、すでにトリプルレンズカメラにもう1つのレンズが加わるため、2020年のiPhoneは最大で4眼カメラを搭載することになるかもしれない。

プロセッサー(CPU/RAM)

プロセッサーに関する情報は現時点ではないが、順当に行けば「iPhone 12」シリーズは共通して「A14 Bionic」チップとさらに進化したNeural Engineを搭載すると考えられる。

iPhone チップ
iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max A13 Bionic、Neural Engine
iPhone XS / iPhone XS Max / iPhone XR A12 Bionic、Neural Engine
iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus A11 Bionic、Neural Engine
iPhone 7 / iPhone 7 Plus A10 Fusion
iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone SE A9

RAMは「iPhone 11」シリーズよりも減ることはほぼ確実にないと考えられることから、少なくとも4GB以上になると考えられる。

ストレージ容量

ストレージ容量に関する情報は現時点ではないが、「iPhone 11」は64GB・128GB・256GB、「iPhone 11 Pro」シリーズは64GB・256GB・512GBの3ストレージ展開となっていた。

バッテリー

バッテリーに関する情報は現時点ではないが、「iPhone 11」シリーズは電池持ちが飛躍的に向上していることから、「iPhone 12」シリーズも電池持ちが減るということは考えづらく、少なくとも2019年モデルと同じ水準を保つと考えられる。

生体認証・セキュリティ機能

Fingerprint sensor in display of iphone 2021 01

2020年のiPhoneは引き続きセキュリティ機能として顔認証システム「Face ID」を採用すると見られているが、並行して指紋認証システムを復活させ、画面内蔵型の「Touch ID」が採用されるとの噂がある。

画面内蔵型Touch ID

BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏がアジアのサプライチェーン関係者から入手した2019年5月時点における情報によると、全画面「Touch ID」が実現されると伝えている。

2019年9月時点におけるBloombergの情報もこれと一致。画面内蔵型「Touch ID」を早ければ2020年に発表する新しいiPhoneに採用する可能性がある、と指摘している。ただし、開発が成功すれば来年実現するが、状況によっては2021年にずれ込む可能性もあるとのこと。

2019年7月には中国市場向けに画面に指紋センサーを内蔵したiPhoneを準備中と報じられ、2020年のiPhoneへの採用に向けてディスプレイ内蔵型指紋センサーの研究開発を本格化したとの情報もある。

Ming-Chi Kuo氏は2019年8月時点では2021年に発表するiPhoneに顔認証機能「Face ID」だけではなく、ディスプレイに内蔵された指紋認証機能をサポートすると予想し、画面内蔵型「Touch ID」が採用されるiPhoneは2021年に登場することも示唆している。

また、顔認証と指紋認証は「競合関係ではなく、補完関係にある」と指摘し、「Face ID」を置き換えるのではなく「Touch ID」をさらに追加することによってどちらか一方が利用できない場合または使い勝手が悪い場合にもう一方が使えるメリットを説明している。

5G通信

Youssef sarhan 470786 unsplash iphonex lock screen

2020年のiPhoneは、ついに5G通信に対応するモデムチップを内蔵すると噂されている。Ming-Chi Kuo氏の2019年7月時点における情報によると、2020年に発表される新しいiPhoneはすべて5Gに対応する見通し。

Appleは2019年7月にIntelのスマホ用モデム事業の大部分を買収したことを発表している。

発表日・発売日

「iPhone 12」シリーズの発表日や発売日に関する情報は現時点ではないが、例年、Appleは新型iPhoneの発表イベントを9月の第1週または第2週に開催する傾向にある。

また、イベントの開催曜日は現地時間の火曜日または水曜日になることが多く、米国同時多発テロの関係から9月11日を避ける可能性は非常に高く、前日または翌日になっている。

過去の傾向のみから予想するとすれば、2020年のiPhoneは日本時間9月16日に発表され、9月18日に予約開始、9月25日に発売されるのではないかと予想できる。

過去数年間のiPhoneの発表日・予約開始日・発売日

モデル(年) 招待状配布 発表日 予約開始 発売日
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max(2019) 8/30(金) 9/11(水) 9/13(金) 9/20(金)
iPhone XS/XS Max(2018) 8/31(金) 9/13(木) 9/14(金) 9/21(金)
iPhone XR(2018) 8/31(金) 9/13(木) 10/19(金) 10/26(金)
iPhone X(2017) 9/1(金) 9/13(水) 10/27(金) 11/3(金)
iPhone 8/8 Plus(2017) 9/1(金) 9/13(水) 9/15(金) 9/22(金)
iPhone 7/7 Plus(2016) 8/30(火) 9/8(木) 9/9(金) 9/16(金)
iPhone 6s/6s Plus(2015) 8/28(金) 9/10(木) 9/12(金) 9/25(金)
iPhone 6/6 Plus(2014) 8/29(金) 9/10(水) 9/12(金) 9/19(金)

※曜日はすべて日本時間

価格

「iPhone 12」シリーズに関する価格の情報は現時点ではないが、参考に「iPhone 11」シリーズのApple公式サイトにおける価格を載せておく。

モデル 64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone 11 74,800円 79,800円 90,800円
iPhone 11 Pro 106,800円 122,800円 144,800円
iPhone 11 Pro Max 119,800円 135,800円 157,800円
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索