iPhone 12の噂まとめ:デザイン・スペック・発売日・価格など

随時更新:2020年登場予定の新型iPhoneについて現時点で分かっていることすべて

Iphone 11 pro and iphone 11 red

2019年に登場した、iPhone 11iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxは、超広角レンズやナイトモードなど、カメラ性能が飛躍的に向上。電池持ちも大幅に向上した。

2020年も新しいiPhoneが発表される見通しだ。次期iPhoneに関する新しい情報は、信憑性は定かではないが、続々と報じられている。

「iPhone 12」はカメラ性能のさらなる向上ディスプレイ品質の改良、待望の5G通信対応が期待され、3年ぶりにデザインが刷新されたメジャーアップデートモデルになると噂されている。

本記事では2020年秋に発表が予想されている次期iPhone(iPhone 12)の特徴、デザイン、スペックや仕様、発表日や発売日、そして気になる価格などの最新情報をまとめた。「iPhone 12」を購入予定の人や、iPhoneの購入タイミングに悩んでいる人は参考にしてもらいたい。

「iPhone 12」の最新情報はTwitter(@planetofgori / @gori_me)、Facebook(@gorime)、Feedlyで配信中!是非フォローを!

「iPhone 12」シリーズの特徴

「iPhone 12」は、メジャーアップデートになる見通し。外観は、「iPhone 4」のようなデザインになり、Apple Pencilのサポート、5G通信の対応、リフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイ搭載、画面内蔵型指紋センサーが噂されている。

2020年のiPhoneの正式名称は、発表当日まで分からない。TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏は、「iPhone 12」になると予想している。

本記事では2020年のiPhoneを「iPhone 12」シリーズとし、iPhone 11の後継機種は「iPhone 12」、iPhone 11 Proの後継機種は「iPhone 12 Pro」、iPhone 11 Pro Maxの後継機種は「iPhone 12 Pro Max」と記載する。

記事執筆時点で「iPhone 12」について報じられているスペックや仕様は、以下の通り。新しい情報が入り次第、本記事を追記・修正する。

  • 5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種の合計4機種
  • 有機ELディスプレイが3機種、液晶ディスプレイが1機種
  • デザインが刷新、「iPhone 4」に似た角張った筐体に変更
  • 全モデル共通したデザインを採用
  • ミッドナイトグリーンが廃止され、ネイビーブルーが用意される
  • 5G通信に対応
  • Lightningポート(USB-Cではない)
  • 外向きカメラは3眼カメラ+ToFに、3Dセンシングをサポート(iPhone 12 Pro/Pro Maxのみ)
  • イメージセンサー式手ブレ補正(iPhone 12 Pro Maxのみ)
  • 広角レンズのセンサーサイズの大型化
  • 120Hzのディスプレイリフレッシュレート
  • 小型化されたApple Pencilをサポート?
  • 付属イヤホンとしてAirPodsが選択可能に
  • 画面内蔵型「Touch ID」を搭載
「iPhone 12」シリーズ 下位モデル 上位モデル 最上位モデル
ディスプレイ 6.1インチ 5.4インチ 6.1インチ 6.7インチ
デザイン 角張った筐体 角張った筐体 角張った筐体 角張った筐体
5G ミリ波+Sub6
(国によって制御)
ミリ波+Sub6
(国によって制御)
ミリ波+Sub6
(国によって制御)
ミリ波+Sub6
(国によって制御)
ディスプレイ 液晶 有機EL 有機EL 有機EL
外向きカメラ
(概要)
2眼 2眼 3眼+LiDAR 3眼+LiDAR
外向きカメラ
(手ブレ補正機構)
光学式 光学式 光学式 イメージセンサー式
外向きカメラ
センサーサイズ
1/2.6インチ 1/2.6インチ 1/2.6インチ 1/1.9インチ
120Hz
Apple Pencil

デザイン

Brett jordan SQBHjCH71x4 unsplash iphone4

概要
  • iPhone 4に似たデザイン(iPad Pro(2018)を小型化したようなデザイン?)
  • 全モデル共通したデザインを採用

「iPhone 12 Pro」シリーズはより角張ったデザインを採用する見通し。Ming-Chi Kuo氏は、2020年の新型iPhoneのフラグシップモデルは「iPhone 4」のような外観になると予測。iPad Pro(2018)を小型化したようなデザインになると考えられる。

Macお宝鑑定団Blogは、全モデル共通して同じ筐体デザインを採用する可能性が高い予測している。筐体の厚みは7.4mm、ベゼル幅は2mmになり、各モデルの違いは背面カメラのレンズ数、および底面のマイク穴の数のみ、と報じている。

「iPhone 12 Pro」シリーズは、新しいカラーバリエーションとして「ネイビーブルー」を追加する可能性がある。iPhone 11 Proシリーズに用意されたミッドナイトグリーンを置き換えると見られている。

ディスプレイ

Iphone 12 pro concept image

概要
  • 4モデル展開
  • 有機ELディスプレイが3機種、液晶ディスプレイが1機種
  • 5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種
  • リフレッシュレート120Hz(ProMotionテクノロジー)をサポート

iPhone 11シリーズは、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチモデルの3モデル展開だったが、「iPhone 12」シリーズは5.4インチ、6.1インチ、6.1インチ、6.5インチの4モデル展開になる見通し。ノッチが廃止されるという噂もあるが、実現しない可能性が高そうだ。

iPhone 11シリーズまで、6.1インチモデル(iPhone XR、iPhone 11)は液晶ディスプレイを採用していたが、「iPhone 12」シリーズは全モデル有機ELディスプレイになると、Ming-Chi Kuo氏が伝えている。

一方でMacお宝鑑定団Blog有機ELディスプレイモデルは3機種とし、1機種は液晶ディスプレイを搭載すると予測している。液晶モデルの詳細は不明だが、iPhone 11の後継機種として登場する可能性が高く、6.1インチモデルの一方は液晶ディスプレイを搭載する可能性がある。

ただし価格を抑えることや、Proモデルとの差別化を図るため、「iPhone 12 Pro」シリーズはiPhone 11 Proと同じくSuper Retina XDRディスプレイを採用し、「iPhone 12」は「iPhone XS」シリーズなどと同じ、Super Retina HDディスプレイになると予想している。

Ice universe氏によると、「iPhone 12」シリーズは120Hzリフレッシュレートをサポートする。すでにiPad Proには「ProMotionディスプレイ」として採用しており、画面のスクロールなど各種操作やアニメーションが滑らかになった。

5G通信とIEEE 802.11ay

Youssef sarhan 470786 unsplash iphonex lock screen

概要
  • 全モデル5G通信対応
  • 上位モデルはミリ波+Sub6、下位モデルはSub6のみ
  • 超近距離無線LAN規格「IEEE 802.11ay」に対応

「iPhone 12」シリーズは、5G通信に対応するモデムチップを内蔵すると噂されている。Ming-Chi Kuo氏によると、「iPhone 12」シリーズはすべて5Gに対応する。

上位モデル(6.1インチ/6.7インチ)はミリ波とSub6に対応するが、下位モデル(5.4インチ/6.1インチ)はSub6のみに対応するとの噂もあるが、Kuo氏はミリ波とSub6を両方サポートした「iPhone 12」は、米国、カナダ、イギリス、韓国、日本の5ヶ国限定で販売されると予測している。

日本では、Sub6は3.7GHz帯および4.5GHz帯が割り当てられ、ミリ波は28GHz帯が割り当てられている。ミリ波はSub6に比べて電波の直進性(指向性)が強く、減衰が激しい。低い周波数に見られる電波が回り込むという特性がなく、通り抜けにくい性質がある。

Appleは2019年7月にIntelのスマホ用モデム事業の大部分を買収。上位モデルに自社製のアンテナ・イン・パッケージ(AiP)モジュールを採用すると噂されている。

またMacお宝鑑定団Blogは、「iPhone 12」が60GHz帯を使用する超近距離無線LAN規格「IEEE 802.11ay」をサポートする可能性があると伝えている。すでにQualcommは「Snapdragon 855」で実装されているため、Appleの次期Aチップに実装されると見られている。

「IEEE 802.11ay」は、スマートデバイスのためのジェスチャー認識や個人認証など幅広いユースケースが想定されている新技術。非常に高い周波数帯域を使用し、デバイス間のデータ転送機能を筆頭に活用するサービスが増えると見られている。

カメラ

Iphone 2020 concept black

概要
  • 外向きカメラにToFレンズ採用
  • ToFセンサーはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのみ
  • iPhone 12 Pro Maxの広角レンズは7枚構成になり、イメージセンサーのサイズが1/1.9インチに大型化
  • iPhone 12 Pro Maxはイメージセンサーシフト式手ブレ補正に対応
  • iPhone 12以外のモデルはセンサーサイズが1/2.6インチに

Ming-Chi Kuo氏は、2020年に登場する新型iPhoneのうち、ToFセンサーによる3Dセンシングが可能なカメラを搭載するiPhoneが2機種存在する、と伝えている。9to5Macが入手した「iOS 14」のコードにも、ToFセンサーが搭載されるiPhoneは2機種のみであると示唆する記述が発見された。

新型iPhoneの外向きカメラに搭載される3Dセンサーは、VSCEL(Vertical Cavity Surface Emitting LASER=垂直共振器面発光レーザ、読み方は「ビクセル」)を使用したToF(Time of Flight)センサー

ToFセンサーは、被写体に対して照射した光の反射が届くまでの時間を利用して三次元情報を計測する仕組み。数メートル離れた距離にある被写体も認識でき、正確な深度情報が取得可能になる。

原理は内向きカメラのTrueDepthセンサーと似ているが、使用が数センチ程度の距離に限られる点が最大の違いだ。

外向きカメラに3Dセンサーの搭載により、ポートレートモードやポートレートライティングの品質は改善されるだろう。AR(拡張現実)アプリの精度も向上し、応用範囲が広がる可能性も期待できる。

ToFカメラが採用されるのは、6.1インチモデルと6.7インチモデルのみ、になる見通し。iPhone 11 Proシリーズはトリプルレンズカメラを搭載しているため、ToFカメラが加わることにより、「iPhone 12」シリーズは最大で4眼カメラを搭載することになるかもしれない。

ただしMacお宝鑑定団Blogが入手した3Dプリントモックは、「iPhone 12 Pro Max」のみトリプルレンズカメラを搭載し、「iPhone 12 Pro」にはデュアルレンズカメラとなっている。Macお宝鑑定団Blogは「Instagramなどに投稿されている写真のメタ情報から、実際に使用されているカメラを調査した結果、2眼カメラで十分だと判断したのかもしれません」と伝えている。

Ming-Chi Kuo氏によると、6.7インチモデル(iPhone 12 Pro Max)に搭載されている広角レンズは7枚構成になり、イメージセンサーのサイズが1/1.9インチに大型化するという。

手ブレ補正機構はイメージセンサーシフト式になる見通し。カメラの物理的な小型化画質の向上に加え、望遠レンズや超広角レンズにも手ブレ補正機能が追加される可能性がある。

「iPhone 12 Pro Max」以外の「iPhone 12」シリーズの広角レンズは7枚構成だが、センサーサイズは1/2.6インチになるそうだ。

Max Weinbach氏は、「iPhone 12」のカメラが6,400万画素に進化し、広角レンズ、望遠レンズ、超広角レンズに加え、内向きカメラもナイトモードに対応すると予想している。「スマートHDR」も改良が加えられる見通し。信憑性は定かではない。

Apple Pencil

Iphone and apple pencil 01

概要
  • 3Dモックアップに新しいコネクタが発見
  • Apple Pencilの小型モデルに対応する可能性

Macお宝鑑定団Blogが公開した「iPhone 12」の3Dモックアップに、謎のコネクタが発見されている。形状がiPad Pro(2018)に搭載されている磁気コネクタに似ていることから、Apple Pencil用ではないかと予想されている。

ただし、現行のApple PencilはiPhoneよりも大きいため、小型化された製品が次期iPhoneと発表される可能性がある。

プロセッサー(CPU)、メモリ(RAM)

概要
  • A14 Bionic + Neural Engine

「iPhone 12」シリーズは共通して「A14 Bionic」チップとさらに進化したNeural Engineを搭載すると考えられる。5nmプロセスを採用した場合、ベンチマークツール「Geekbench 5」を使用したマルチコアスコアは、15インチ型MacBook Proに匹敵する可能性がある。

上位モデルは、RAMが6GB搭載されると噂されている。下位モデルはiPhone 11シリーズと変わらず、4GBになる見通し。

iPhone チップ
iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max A13 Bionic、Neural Engine
iPhone XS / iPhone XS Max / iPhone XR A12 Bionic、Neural Engine
iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus A11 Bionic、Neural Engine
iPhone 7 / iPhone 7 Plus A10 Fusion
iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone SE A9

RAMは、6.1インチモデルと6.7インチモデルは6GBになり、5.4インチモデルと6.1インチモデルは4GBになると噂されている。

リークした「Geekbench 5」のベンチマークスコアによると、「A14 Bionic」はiPad Pro(2018)に搭載されている「A12X Bionic」に匹敵するパフォーマンスになる。iPhone 11シリーズに内蔵されている「A13 Bionic」と比較して、シングルコアスコアで24%、マルチコアスコアで34%のパフォーマンス向上が期待できる。

ストレージ容量

ストレージ容量に関する情報は、報じられていない。

iPhone 11は64GB、128GB、256GB、iPhone 11 Proシリーズは64GB、256GB、512GB、の3ストレージ展開となっていた。

バッテリー

概要
  • ProMotionディスプレイの消費電力をカバーするためにバッテリー容量が増加
  • iPhone 12 Pro Maxは4,400mAhのバッテリーを内蔵

「iPhone 12」には、iPhone 11よりもさらに容量の大きいバッテリーを内蔵する可能性がある。電池持ちが伸びるかどうかは不明。

iPhone 11シリーズは電池持ちが飛躍的に向上していることから、「iPhone 12」シリーズも電池持ちが減るとは考えづらい。少なくとも2019年モデルと同じ水準を保つだろう。

Max Weinbach氏によると、「iPhone 12 Pro Max」はリフレッシュレート120Hzのディスプレイによる商品電力をカバーするため、iPhone 11 Pro Maxと比べて10%電池容量が増え、4,400mAhのバッテリーを内蔵すると予想している。

生体認証・セキュリティ機能

Fingerprint sensor in display of iphone 2021 01

概要
  • Face ID(顔認証)
  • 画面内蔵型Touch ID(指紋認証)

「iPhone 12」シリーズは、顔認証システム「Face IDに加え、指紋認証システムを復活させ、画面内蔵型の「Touch ID」が採用されるとの噂がある。

次期iPhoneは全画面「Touch ID」が実現される、とBarclaysのアナリストBlayne Curtis氏が伝えている。Appleは中国市場向けに、指紋センサーを画面に内蔵したiPhoneを準備中で、「iPhone 12」シリーズへの採用に向け、研究開発を本格化したという。

一方で開発状況によっては2021年にずれ込む可能性があるとBloombergは指摘している。

Ming-Chi Kuo氏は顔認証と指紋認証は「競合関係ではなく、補完関係にある」ことから、画面内蔵型「Touch ID」を採用したiPhoneは2021年に登場し、「Face ID」も引き続き採用すると予想している。「Face ID」を置き換えるのではなく「Touch ID」を追加することで、どちらか一方が利用できない時にもう一方が使えるようになる、と説明している。

Barclaysのアナリストらは、TrueDepthカメラが刷新されると予測しているが、「Face ID」が改良されるかは明らかになっていない。

発表日・発売日

「iPhone 12」シリーズは、新型コロナウイルス感染症の拡大により、発売が10月以降にずれ込む可能性が高まっている。Nikkei Asian Reviewによると、Appleは発売時期を数ヶ月延期することを検討中だという。関係者は「最悪の場合、5GのiPhoneは2021年の発売になる」と指摘している。

Appleは例年、新型iPhoneの発表イベントを9月の第1週または第2週に開催する傾向にある。イベントの開催曜日は現地時間の火曜日または水曜日になることが多く、米国同時多発テロの関係から9月11日を避ける可能性は非常に高く、前日または翌日になっている。

Ming-Chi Kuo氏は、「iPhone 12」シリーズは全機種、年内に同時発売されると伝えている。

過去数年間のiPhoneの発表日・予約開始日・発売日

モデル(年) 招待状配布 発表日 予約開始 発売日
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max(2019) 8/30(金) 9/11(水) 9/13(金) 9/20(金)
iPhone XS/XS Max(2018) 8/31(金) 9/13(木) 9/14(金) 9/21(金)
iPhone XR(2018) 8/31(金) 9/13(木) 10/19(金) 10/26(金)
iPhone X(2017) 9/1(金) 9/13(水) 10/27(金) 11/3(金)
iPhone 8/8 Plus(2017) 9/1(金) 9/13(水) 9/15(金) 9/22(金)
iPhone 7/7 Plus(2016) 8/30(火) 9/8(木) 9/9(金) 9/16(金)
iPhone 6s/6s Plus(2015) 8/28(金) 9/10(木) 9/12(金) 9/25(金)
iPhone 6/6 Plus(2014) 8/29(金) 9/10(水) 9/12(金) 9/19(金)

※曜日はすべて日本時間

価格

「iPhone 12」シリーズに関する価格の情報は、現時点ではない。参考に、iPhone 11シリーズのApple公式サイトにおける販売価格を載せておく。

モデル 64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone 11 74,800円 79,800円 90,800円
iPhone 11 Pro 106,800円 122,800円 144,800円
iPhone 11 Pro Max 119,800円 135,800円 157,800円
ストーリータイムライン
57本の記事を表示する
関連キーワード
コメントを残す(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(4件)
  1. 通りすがりの読者

    クァルコムの5G用チップの価格が高すぎてAndroidですら採用を見送られてますね
    特許持ってるから他に選択肢ないし、結果的にこの会社が5Gの普及を足止めしそうです

  2. 通りすがりの読者

    種類増えるのは良いことなのかもしれないけど、優柔不断野郎には酷!😭

  3. 通りすがりの読者

    クオ氏とお宝ならお宝さんの方が圧倒的に信頼度は高いので、恐らくその4機種になるとは思うのですが、これで値上げしなければiPhone覇権取れますね。
    androidの 5G機種が軒並み値上げしまくってますし…

  4. 噂好き

    すごくややこしいモデル構成ですね。Appleという会社なので必ず理由があるはずです。数ヶ月後の発表が待ち遠しいです。(しかし、いかんせん種類が多いような…。種類を広げるのはあまり良いとは言えませんが、それでも広げる真意とは!

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索