iPhone 12のノッチ小型化を示唆する図面が流出か

ベゼルにスピーカーが埋め込まれ、ノッチの幅を狭めることに成功

Iphone 11 pro notch 01

Appleが今秋発表する新型iPhone(iPhone 12は、画面上部にある切り欠き(ノッチ)が小型化する可能性が高い。iPhone SEの発売日を正確に言い当てたJon Prosser氏によると、スピーカーがノッチ上部のベゼル部分に移動し、ノッチが小型化されている。

ノッチの小型化で左右に生まれたスペースの活用方法は不明

Appleによると、iPhone 11シリーズまでのノッチには赤外線カメラ、投光イルミネータ、近接センサー、環境光センサー、スピーカー、マイクロフォン、カメラ、ドットプロジェクタがすべて含まれている。
TrueDepth Camera 2
Apple公式サイトより

Jon Prosser氏が入手したiPhone 12の図面によると、スピーカーとマイクがベゼルに移動していることが確認できる。
Iphone 12 notch
【image via @jon_prosser】

XiaomiのMi MIX 3は、ベゼル部分にスピーカーが埋め込まれている。iPhone 12も似たような実装になる可能性がある。

流出した図面に記されている、iPhone 12の具体的なモデル名やサイズは不明。また正式発表までに計画が変更される可能性もある。ノッチの小型化で、iPhone 12は電池残量のパーセント表示が常時表示できるかもしれない。

ストーリータイムライン
4本の記事を表示する
関連情報
公開日2020年04月20日
更新日2020年04月22日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    う〜ん、最近リークですぎててつまらないですね
    イベントの時にすごい!って単純に楽しみたいです。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索