Apple、iPhone 12でノッチ型を小型化また廃止か 将来的にLightningポートを廃止する計画も

あくまでも検討段階の情報と見られ、決定したものではない

2020 iphone concept image

著名リーカーのBen Geskin氏がノッチの小型化/廃止5G通信対応に向けてアンテナラインデザインの変更3層設計のロジックボードの内蔵など次期iPhoneの試作機に関する情報に加え、iPhoneの将来モデルにおける計画を明らかにしている。

ノッチの小型化(幅を狭くする、またはベゼルに収める)

同氏によると、Appleは「Face ID」用に使われているノッチの小型化を実現するべく、ノッチの幅を狭くしたものや、ベゼルそのものに収まるようなサイズになるものをテストしているという。

仮にベゼルに収まった場合、ノッチそのものが廃止され実質的にベゼルレスデザインが完成されることになる。ただし、これが2020年に登場するiPhoneで実現されるのか、それより先のiPhoneなのかは分かっていない。

アンテナラインを太くする

「iPhone 12」はアンテナのデザインが変更され、5G通信に対応するべくより幅のあるアンテナラインを採用する見通し。寸法にして約1mm以下になるという。

また、アンテナそのもののデザインも複数の素材がテストされ、現時点ではガラス、セラミック、サファイアが検討されている模様。

3層設計のロジックボードを採用か

Geskin氏は2020年に登場するiPhone(仮名称:iPhone 12)が3層設計のロジックボードを内蔵すると伝えている。現行の「iPhone 11 Pro」シリーズや「iPhone X」は2層設計のものが採用されている。

3層設計になることにより、本体内部におけるさらなる省スペース化を実現し、電池容量が増加される可能性も。すでに「iPhone 11」シリーズで飛躍的に電池持ちが伸びているiPhoneだが、次期モデルでは電池持ちをさらに伸ばすというより、新機能が必要とする電力を賄うために容量を増やす可能性もある。

将来的にはLightningポートを廃止し、データ通信もワイヤレスに?

来年のiPhoneのことではないが、Appleは長期的な計画としてLightningポートを廃止し、充電用にはワイヤレス充電、データ通信用にはUWB(超広帯域無線通信)を代わりに使用することを計画していると伝えている。

Lightningポートの廃止に関する噂は今回が初めてではない。Bloombergは2018年6月に、Appleのデザイナーが将来的にiPhoneの外部ポートやボタンを廃止することを目指しているとの情報を伝えている。

iPhone X」の開発段階でもLightningポートの廃止が検討されていたそうだが、ワイヤレス充電が従来の有線接続よりも充電時間が遅いかったことや、ワイヤレス充電器を同梱することによって価格が値上がりしてしまうことから見送ったという。

コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. まど

    充電速度さえ改善されればポートレスは大歓迎ですけど、それがだいぶ先になるのであれば来年こそはusb-cにして欲しいですね…そうすれば今の7plusを納得して買い換えられます!
    11でたばかりだけど楽しみにしてます。

  2. まど

    充電速度さえ改善されればポートレスは大歓迎ですけど、それがだいぶ先になるのであれば来年こそはusb-cにして欲しいですね…そうすれば今の7plusを納得して買い換えられる!

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索